北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

鹿カツドッグが最高賞 町給食センター考案【陸別】

 第2回ジビエ料理コンテスト(全国公募、国産ジビエ流通規格検討協議会主催)の表彰式が15日、都内で開かれた。陸別町給食センターが出品した「鹿カツドッグ」が、給食アイデア料理部門の最高賞となる農林水産大臣賞に輝いた。同メニューは3月中旬の町内学校給食に登場する予定。

最高賞に選ばれた「鹿カツドッグ」

 同コンテストは農水省の補助事業。ジビエ(野生鳥獣の肉)を日常の食材にアピールする目的で昨年始まった。国産のイノシシかシカ肉を使うことが条件。肉と他の食材との組み合わせ、盛り付け、ジビエに含まれる栄養成分、安全性などが評価される。

 今年は家庭料理部門に170件、新たに設けられた給食アイデア料理部門に58件の応募があった。同2部門それぞれ、農林水産大臣賞、次いで農水省農村振興局長賞、国産ジビエ流通規格検討協議会長賞が設けられている。

 陸別の鹿カツドッグは、シカ肉(試作品・50グラム2枚)のロースまたはモモを使い、塩とこしょうの後、パン粉を付けて揚げた。キャベツ、ニンジンを敷いたパンに載せ、みそベースのたれで味わう。

 出品メニューは同給食センターの津幡恵一所長を中心に山崎那月さんら調理員が考案、試作を重ねた。ローストビーフのような薄切りやミンチにした肉も試したがしっくりこず、うま味を残しつつ、みそとの相性もいいカツにした。

礒崎陽輔農林水産副大臣から最高賞の表彰を受けた津幡所長(左)

 津幡所長は15日、審査結果が公表される東京・国立市の調理師専門学校エコール辻で開かれた表彰式に出席。「レシピ通り作って実食し『非常においしい』という声が聞けた。名誉ある賞、センターのみんなに感謝している」と喜んでいる。

 陸別の「鹿」食品は、特産品としてソーセージやベーコン、サラミ、缶詰、カレーなどさまざま。学校給食でも「鹿肉味噌らーめん」が提供されることもある。

関連記事

室蘭民報

室蘭産と宮古産使用の昆布塩飴を母恋めし本舗が販売【室蘭】

 室蘭市絵鞆町の母恋めし本舗(関根勝治代表)が、室蘭産ヤヤンコンブと岩手県宮古市産の塩を使った新商品「昆布塩飴385(みやこ)」を14日から販売した。宮蘭フェリー就航を記念して「両市の海からの...

十勝毎日新聞

池田産100%で白ワイン Far夢楽縁が製造【池田】

 農業生産法人「Far夢楽縁(ファームらくえん)」(林秀康社長)による町内産原料100%の「はじめての白ワイン」(750ミリリットル、アルコール度9%)が15日にできあがった。町内産原料100%の...

十勝毎日新聞

ホッキどうぞ 17日まで初フェア 飲食4店で【広尾】

 食で地域振興を図る「広尾おいしい町づくりの会」(土谷典男会長)は11日から、町内4飲食店で「広尾産北寄(ほっき)貝フェア」を開いている。17日まで。  同会ではこれまでもシシャモ、ハッカク...

室蘭民報

シャンシャン通り広場で3日に食文化イベント【室蘭】

 西胆振の生産者と消費者が交流し、地元の旬の食材と新たな食文化を発信する「西いぶりファーマーズマーケット」(同実行委員会主催)が6月3日午前10時から、室蘭市中島町のシャンシャン通りお元気広場...

室蘭民報

都内の焼き鳥店集結施設移転で室蘭「一平」の味を発信【室蘭】

 室蘭やきとりの有名店「やきとりの一平」(石塚千津代表取締役)など日本七大焼き鳥の人気店が集結した施設「全や連総本店東京」が来月3日、東京の有楽町に移転する。新たにオープンキッチン形式を採用し...