北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

アレルギー対応中華まんを発売 市内「シェンロン」の平松さん【帯広】

 帯広の市民団体「アレルギーを考える会」の研究会員平松一海さんが16日、アレルギー対応の「ベジ肉まん」の販売を、自身が店主を務める帯広市内の中華レストラン・シェンロン(東6南16)で始めた。中華まんの食感が出るよう米粉を研究。同じく考える会研究会員の伊藤こころさんが専務を務める市内の自然食品店ナチュラル・ココが道産大豆から作ったベジミートを具に使い、オリジナルの中華まんを作り上げた。

ベジ肉まんの販売を始めた平松さん(右)。伊藤さん(左)ら研究会員のコラボレーションが実った。伊藤さんが手にするのはベジミート

 ベジ肉まんは、同考える会が昨年の創立30周年に合わせて立ち上げた「レシピ開発部会」(部会長・平松さん)の成果の1つ。7大アレルゲン(卵、乳、小麦、そば、落花生、エビ、カニ)を使わず、おいしく仕上げている。17日に始まるアレルギー週間(23日まで)に合わせ、平松さんが自らの店で発売した。価格は1個350円。

 平松さんは考える会の村上尊子会長から「ぜひ作ってみて」と背中を押され、レシピ開発に挑戦した。小麦ではなく米粉で中華まんの食感を出すところから始まった試行錯誤の日々は、1年以上続いたが、「食べたくても食べられない人のために、どうしても作りたかった」と話す。

 独自の材料を見つけ、米粉の肉まんを作り上げた後、平松さんと村上会長の間で「良いものが出来たので(具に)ベジミートを使おう」とのアイデアが生まれた。

7大アレルゲンを使用せずに作り上げたベジ肉まん

 ベジミートは健康志向の人の間で肉の代替食品として浸透しているが、海外産の原料を使用したものも多い。これに対し、ナチュラル・ココは「有機栽培の道産大豆を使い、栄養価が高く、ひき肉のような食感のあるベジミートを商品化した」(伊藤さん)。同製品を組み合わせ、平松さんのベジ肉まんは完成した。米粉とベジミートを組み合わせた中華まんは、世界でも他にはないという。

 考える会は1987年に発足し、料理講習会や学習会などに取り組んできた。会員はアレルギー当事者だけでなく、食品店なども含め100世帯以上に広がっている。ベジ肉まんの販売について、村上会長は「会員のコラボレーションから素晴らしいものが生まれたことがうれしい。今後もみんなの協力で新しいレシピが生まれれば」と期待を寄せている。

関連記事

十勝毎日新聞

カフェで酪農身近に 牧場産のスイーツ提供【広尾】

 広尾町内の酪農牧場「菊地ファーム」(野塚11線6ノ2、菊地亮太代表)に、カフェがオープンした。牧場産の生乳で作ったソフトクリームやジェラート、育てた牛の肉を使ったハンバーガーなどを提供し、酪農現...

十勝毎日新聞

十勝の肉丼食べ比べ 牛、豚、鶏…9種類に行列【清水】

 肉の祭典「十勝清水 肉・丼(どんぶり)まつり」(実行委主催)が16日、町有明公園で開かれた。地元産の十勝若牛や豚、鶏、羊などを使った9種類の丼が集結し、大勢の家族連れが食を堪能した。  肉...

十勝毎日新聞

縄文の味 そばシンポに 「対州」試食提供【新得】

 日本で最も早くそばが伝来した長崎県対馬産の「対州そば」が15日、新得町公民館で開かれる「そばシンポジウム-新得町からの発信」(しんとく新そば祭り実行委員会)で、来場者に試食用として振る舞われる...

十勝毎日新聞

全国から43店うまいもの集合 藤丸【帯広】

 「第69回全国うまいもの大会」が13日から藤丸7階催事場で始まった。第1弾は新規2店を含む43店が出店し、多くの買い物客でにぎわっている。18日まで。  同大会は年2回実施。胆振東部地震の影...

室蘭民報

温泉街に足運んで、風評克服へ多彩な試み【洞爺湖】

 胆振東部地震で被害がなかった洞爺湖温泉街の安全性をPRして観光客を呼び戻そうと、とうや湖温泉旅館組合(三浦和則組合長)は、風評被害対策のキャンペーンを相次いで企画した。今月末までの期間中、洞...