北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

アレルギー対応中華まんを発売 市内「シェンロン」の平松さん【帯広】

 帯広の市民団体「アレルギーを考える会」の研究会員平松一海さんが16日、アレルギー対応の「ベジ肉まん」の販売を、自身が店主を務める帯広市内の中華レストラン・シェンロン(東6南16)で始めた。中華まんの食感が出るよう米粉を研究。同じく考える会研究会員の伊藤こころさんが専務を務める市内の自然食品店ナチュラル・ココが道産大豆から作ったベジミートを具に使い、オリジナルの中華まんを作り上げた。

ベジ肉まんの販売を始めた平松さん(右)。伊藤さん(左)ら研究会員のコラボレーションが実った。伊藤さんが手にするのはベジミート

 ベジ肉まんは、同考える会が昨年の創立30周年に合わせて立ち上げた「レシピ開発部会」(部会長・平松さん)の成果の1つ。7大アレルゲン(卵、乳、小麦、そば、落花生、エビ、カニ)を使わず、おいしく仕上げている。17日に始まるアレルギー週間(23日まで)に合わせ、平松さんが自らの店で発売した。価格は1個350円。

 平松さんは考える会の村上尊子会長から「ぜひ作ってみて」と背中を押され、レシピ開発に挑戦した。小麦ではなく米粉で中華まんの食感を出すところから始まった試行錯誤の日々は、1年以上続いたが、「食べたくても食べられない人のために、どうしても作りたかった」と話す。

 独自の材料を見つけ、米粉の肉まんを作り上げた後、平松さんと村上会長の間で「良いものが出来たので(具に)ベジミートを使おう」とのアイデアが生まれた。

7大アレルゲンを使用せずに作り上げたベジ肉まん

 ベジミートは健康志向の人の間で肉の代替食品として浸透しているが、海外産の原料を使用したものも多い。これに対し、ナチュラル・ココは「有機栽培の道産大豆を使い、栄養価が高く、ひき肉のような食感のあるベジミートを商品化した」(伊藤さん)。同製品を組み合わせ、平松さんのベジ肉まんは完成した。米粉とベジミートを組み合わせた中華まんは、世界でも他にはないという。

 考える会は1987年に発足し、料理講習会や学習会などに取り組んできた。会員はアレルギー当事者だけでなく、食品店なども含め100世帯以上に広がっている。ベジ肉まんの販売について、村上会長は「会員のコラボレーションから素晴らしいものが生まれたことがうれしい。今後もみんなの協力で新しいレシピが生まれれば」と期待を寄せている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ【鹿追】

 4月に閉店したそば店「しかめん」(鹿追町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店...

十勝毎日新聞

甘さギュッ アイスワインのブドウ収穫始まる【池田】

 十勝ワインの中でも極甘口とされる「アイスワイン」。その原料となるブドウの収穫が12日午前5時半、池田町千代田の町営ブドウ畑で始まった。畑の気温計で氷点下13.5度の寒さの中、ヘッドライトを着け...

十勝毎日新聞

十勝産のコラボ弁当 帯南商と福原 販売【帯広】

 スーパーを展開する福原(帯広、福原郁治社長)が帯広南商業高校クッキング部(村井彩花部長、28人)と共同開発した「十勝をまるっともぐもぐ弁当」。9日まで数量限定で販売するフクハラの市内8店舗の...

十勝毎日新聞

ウチダザリガニおいしく変身 ラーメンやおかきに【鹿追】

 生態系に悪影響を及ぼす特定外来生物で然別湖の“悪役”だったウチダザリガニが、おいしいラーメンやおかきに変身した。然別湖生物多様性保全協議会(会長・吉田弘志鹿追町長)が開発した粉末状ザリガニパウダ...

十勝毎日新聞

プレ宇宙食に挑戦 地場食材ハンバーグで【清水】

 十勝スロウフード(藤田惠社長)は、2020年にも使用が予定される「Pre宇宙日本食(プレ宇宙食)」への採用を目指し、地場産食材を使ったハンバーグの開発に挑戦している。宇宙航空研究開発機構(JA...