北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

アレルギー対応中華まんを発売 市内「シェンロン」の平松さん【帯広】

 帯広の市民団体「アレルギーを考える会」の研究会員平松一海さんが16日、アレルギー対応の「ベジ肉まん」の販売を、自身が店主を務める帯広市内の中華レストラン・シェンロン(東6南16)で始めた。中華まんの食感が出るよう米粉を研究。同じく考える会研究会員の伊藤こころさんが専務を務める市内の自然食品店ナチュラル・ココが道産大豆から作ったベジミートを具に使い、オリジナルの中華まんを作り上げた。

ベジ肉まんの販売を始めた平松さん(右)。伊藤さん(左)ら研究会員のコラボレーションが実った。伊藤さんが手にするのはベジミート

 ベジ肉まんは、同考える会が昨年の創立30周年に合わせて立ち上げた「レシピ開発部会」(部会長・平松さん)の成果の1つ。7大アレルゲン(卵、乳、小麦、そば、落花生、エビ、カニ)を使わず、おいしく仕上げている。17日に始まるアレルギー週間(23日まで)に合わせ、平松さんが自らの店で発売した。価格は1個350円。

 平松さんは考える会の村上尊子会長から「ぜひ作ってみて」と背中を押され、レシピ開発に挑戦した。小麦ではなく米粉で中華まんの食感を出すところから始まった試行錯誤の日々は、1年以上続いたが、「食べたくても食べられない人のために、どうしても作りたかった」と話す。

 独自の材料を見つけ、米粉の肉まんを作り上げた後、平松さんと村上会長の間で「良いものが出来たので(具に)ベジミートを使おう」とのアイデアが生まれた。

7大アレルゲンを使用せずに作り上げたベジ肉まん

 ベジミートは健康志向の人の間で肉の代替食品として浸透しているが、海外産の原料を使用したものも多い。これに対し、ナチュラル・ココは「有機栽培の道産大豆を使い、栄養価が高く、ひき肉のような食感のあるベジミートを商品化した」(伊藤さん)。同製品を組み合わせ、平松さんのベジ肉まんは完成した。米粉とベジミートを組み合わせた中華まんは、世界でも他にはないという。

 考える会は1987年に発足し、料理講習会や学習会などに取り組んできた。会員はアレルギー当事者だけでなく、食品店なども含め100世帯以上に広がっている。ベジ肉まんの販売について、村上会長は「会員のコラボレーションから素晴らしいものが生まれたことがうれしい。今後もみんなの協力で新しいレシピが生まれれば」と期待を寄せている。

関連記事

室蘭民報

室蘭産と宮古産使用の昆布塩飴を母恋めし本舗が販売【室蘭】

 室蘭市絵鞆町の母恋めし本舗(関根勝治代表)が、室蘭産ヤヤンコンブと岩手県宮古市産の塩を使った新商品「昆布塩飴385(みやこ)」を14日から販売した。宮蘭フェリー就航を記念して「両市の海からの...

十勝毎日新聞

池田産100%で白ワイン Far夢楽縁が製造【池田】

 農業生産法人「Far夢楽縁(ファームらくえん)」(林秀康社長)による町内産原料100%の「はじめての白ワイン」(750ミリリットル、アルコール度9%)が15日にできあがった。町内産原料100%の...

十勝毎日新聞

ホッキどうぞ 17日まで初フェア 飲食4店で【広尾】

 食で地域振興を図る「広尾おいしい町づくりの会」(土谷典男会長)は11日から、町内4飲食店で「広尾産北寄(ほっき)貝フェア」を開いている。17日まで。  同会ではこれまでもシシャモ、ハッカク...

室蘭民報

シャンシャン通り広場で3日に食文化イベント【室蘭】

 西胆振の生産者と消費者が交流し、地元の旬の食材と新たな食文化を発信する「西いぶりファーマーズマーケット」(同実行委員会主催)が6月3日午前10時から、室蘭市中島町のシャンシャン通りお元気広場...

室蘭民報

都内の焼き鳥店集結施設移転で室蘭「一平」の味を発信【室蘭】

 室蘭やきとりの有名店「やきとりの一平」(石塚千津代表取締役)など日本七大焼き鳥の人気店が集結した施設「全や連総本店東京」が来月3日、東京の有楽町に移転する。新たにオープンキッチン形式を採用し...