北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

本賞金の底上げ図る

 平成30年度のホッカイドウ競馬は4月18日に開幕し、11月8日まで80日間(15開催)の日程を組んだ。80日間は前年と同じで、全日程が日高町・門別競馬場のナイトレース。好調な馬券販売額により収益増を受け、30年度は1着賞金を上乗せし本賞金全体の底上げを図る。

 昨年のホッカイドウ競馬の馬券発売額は、前年28年の203億5501万円から246億4121万円と大幅に増え、7年連続の売上増。29年度収支は5年連続で単年度黒字になる見通しだ。

 門別競馬場は施設整備や魅力あるレース番組の編成などに努め、発売額は順調に伸びている。運営する北海道軽種馬振興公社によると、30年度は「北海道命名150年」と「ホッカイドウ競馬70周年」に当たり、公社は「1着賞金を上乗せした記念競走を実施し、ファンの方々にホッカイドウ競馬の魅力をより一層伝えていく」としている。

 2歳馬レースで賞金額が大きいJRA認定競走は113レースを予定。認定レースの1着本賞金額を重賞9競走は250~500万円。ほか上級認定14競走200万円、フレッシュチャレンジ55競走150万円、アタックチャレンジ35競走80万円。

 2歳馬1着本賞金の増額は、統一GⅢの「北海道2歳優駿競走」が前年から500万円増の2500万円。3組特別競走は15万円増の65万円。2、3組平場競走は10万円増の60万円。未勝利競走は前年より10万~20万円増の通年50万円。

 3歳馬1着本賞金は、JRA条件交流競走が前年から10万円増の60万円、1組特別は30万円増の80万円。特別競走や平場競走も各10万円増。3歳以上の統一GⅢのブリーダーズゴールドカップの1着本賞金は前年比で600万円増の3100万円ほか、特別・平場各クラスレースも5万~10万円増。記念競走の1着本賞金は各50万円上乗せし、赤レンガ記念300万円、最上位クラス4競走150万円。

 また、北海道馬主協会の協力で、初出走がホッカイドウ競馬で、他場所属で出走した3歳馬が今年度ホッカイドウ競馬に所属し、第1~4開催に出走した場合の輸送費を補助する(例・第1開催出走の3歳馬で関東からの輸送費補助=北海道馬主会員には1頭12万円、会員外に同8万円補助)

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...