北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

今年も東京・根室交流イベント「釣り」テーマに魅力発信【根室】

昨年開かれたEASTERN vol.1

 根室市移住交流促進協議会(会長、長谷川俊輔根室市長)は、昨年に引き続き東京根室交流会を根室と東京の2会場で開く。「EASTERN vol.2」と銘打ったイベントで、今年は「釣り」をテーマに根室会場は2月24、25の両日、昭和町のguild Nemuroで開かれ、移住交流推進員リーダーの古川広道さんを講師にフライフィッシング道具、獣毛や鳥の羽を使ったアクセサリーなどを製作しながら、根室文化や生活について語り合う。

 東京根室交流イベント「EASTERN」は、同協議会主催で、地域おこし協力隊による根室移住交流推進員が運営するVOSTOK laboが企画運営。昨年のvol.1では、東京で活躍する若手人気パティシエの田代翔太さん(MERCI BAKE経営)とタイアップし、交流を深めた。

 第2弾となる今回は「釣り」をテーマに開催。根室会場(guild Nemuro)は、24、25の両日午前11時から午後7時までで、写真家津田直さんの「根室の自然や風景」のスライドショーや「釣り」をキーワードとした根室の生活や文化が伝わるモノの展示、VOSTOK laboの根室産や道産素材を使ったお菓子や山森製パン、どりあん、マルシェ・デ・キッチンと共同で制作したEASTERNオリジナルサンドイッチや、釣りを連想させるロシアの手工芸品「ボゴロツコエ」(木彫のおもちゃ)、書籍類、TEMBEA制作のEASTERNオリジナルバッグなどを販売する。

 また、両日とも午後1時からワークショップを開催。古川リーダーの指導で獣毛や野鳥の羽を使った釣りの道具やアクセサリーなどを製作しながら、根室の文化や生活などについて語り合う。定員は各10人で、参加費は2,500円。申し込みはVOSTOK labo(℡0153-24-0555)へ。定員になり次第締め切る。

 東京会場は東京都渋谷区恵比寿のPOSTで3月24、25日に開催。根室会場と同内容のイベントを行う。

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...