北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

農村観光 発展考える 「ツーリズム大」再開へ【鹿追】

 観光産業の担い手を育成する「北海道ツーリズム大学」(NPO法人北海道ツーリズム協会主催)の15年ぶり再開へ向けたプレ開校フォーラムが18、19の両日、町内のウリマックホールなどで開かれた。シンポジウムや町内視察を通して、グリーンツーリズム実践者や開業を目指す若者らと「住んで良し・訪れて良し」の観光地域づくりを考えた。

観光地域づくりで意見を交わす(左から)藤田さん、いただきますカンパニーの白木由美さん、神田さん、村瀬さん

 2年後の東京五輪を控え、農村へ観光客を誘致する「農泊」事業などを国が推進していることから、地域全体に経済効果が波及できる十勝・鹿追らしいグリーンツーリズムの在り方を追究し、若い世代を育成しながら発展につなげていこうと、同協会が5月25日からの再開を目指し準備を進めている。2000年に始まった同大学は鹿追などで3年間開かれ、延べ640人が参加。九州に続く全国2例目の取り組みとして当時注目を集めた。

 シンポジウムには、町内外から約30人が参加。中野一成前学長(大草原の小さな家)は「十数年がたち、時代が変わった中で再スタートが切れるのは素晴らしい」とあいさつし、吉田弘志町長が「人口減が進む中、今後は住民自らの手で地域づくりを実践することが重要だ」と述べた。

 同協会の武田耕次理事長は、鹿追町のグリーンツーリズムの歴史を紹介。村瀬梓さん(村瀬ファーム)や藤田磨美さん(藤田牧場)、神田縁さん(トマルカフェ鹿追)ら4人が登壇したパネルディスカッションでは「農家民泊で滞在しながら熱気球を楽しむ外国人もいる。農業やアウトドア体験、飲食を組み合わせた商品を作りたい」などと意見が飛び交った。

 東京農工大学院の福井隆客員教授は講演で、全体の集客マネジメントをDMO(観光地づくり法人)が主導した成功事例として、和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローを挙げた。

 外国人目線で「熊野=巡礼の道」に焦点を絞った全体事業を説明し「コンセプトを体感でき『情景』が生まれる仕掛けが必要。わざわざ来てもらう理由をつくり、個ではなく地域事業としてマネジメントするべきだ」と強調した。

 NPO法人アースキューブジャパン(岡山県)の中村功芳代表理事は「心の豊かさが旅の動機。地元の食事や生活体験など、時間を楽しむことができる鹿追をつくってほしい」などと呼び掛けた。

 参加者は夕食交流会などでネットワークを広げ、19日は町内で冬の観光資源などを視察した。

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...