北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

普及や親睦 30年で幕 帯広ダンスクラブ【帯広】

30年分の感謝を込め、最後のパーティーを開く阿部会長

 ダンススポーツの普及や親睦を図る「帯広ダンスクラブ」(阿部行雄会長、会員25人)が、3月をもって30年にわたる活動を終了する。3月3日午後1時から帯広市内のとかちプラザ5階で、活動の締めくくりとなるラストダンスパーティーを開く。阿部会長は「長年の感謝を込め、楽しい思い出になるような場としたい」と参加を呼び掛けている。

 同クラブは、十勝ではダンス人口の少なかった1989年に創立。管内での普及活動に精力的に取り組んできた。とかちプラザの軽運動室などで月1回の交流会を開いてきたほか、毎月の会報を25年以上、300号を超えて発行するなど情報発信にも積極的に取り組んできた。

 今回の解散は阿部会長が昨年、心臓の手術を受け、体力的にも継続が難しいと判断したため。会報も、3月発行の第306号を最終号とする予定。30年を振り返り、阿部会長は「ダンスの普及、レベル向上に努めてこられたのは、長年の仲間の理解と協力によるもの」と感謝している。

 ラストダンスパーティーでは、太田歩生・なごみ組(札幌)の中学生ペアがゲストとして特別出演する。2人は昨年、道内や本州のダンス大会で優勝や上位入賞を重ね、今後も活躍が注目されている。「最後のパーティーに2人を呼べるのも、30年間、活動を続けて広がったつながりがあるからこそ」(阿部会長)としている。

 パーティーは入場料1000円(当日1200円)。収益金の一部を帯広市社会福祉協議会の愛情銀行に寄付する。チケットに関する問い合わせは阿部会長(090・1640・4557)へ。

関連記事

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...

室蘭民報

ホタテづくし北の収穫祭、釣り大会白熱【豊浦】

 第17回まるごと豊浦「北の収穫祭」(同実行委員会主催)が10日、豊浦町浜町のふるさとドームで開かれた。世界ホタテ釣り選手権大会をはじめ、特産品のホタテづくしのイベントで盛り上がった。  ...