北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館バス、「ロケーションシステム」一新 到着時間の精度向上【函館】

スマートフォンの画面で、バスの到着予定時間と車両の位置が確認できるようになる新バスロケーションシステム

 函館バス(森健二社長)は3月15日、路線バスの運行情報を検索できるサービス「バスロケーションシステム」を一新する。多言語化を実現し、増加する外国人観光客に対応。バスの到着予測時間の正確性を高めたほか、車両の現在の位置などをスマートフォンなどで手軽に確認できるよう改善し、利用客の利便性向上を図る。

 同社は道内のバス事業者に先駆け、2007年に同サービスを導入。携帯電話やパソコンのほか、主要約20カ所のバス停と公共機関を中心とした6カ所に設置する大型画面で、バスの到着予定時間などを知らせている。

 ただ、サービス開始から10年以上経過し、機器の老朽化でバスの到着予想時間にずれが生じるなど、近年はサービスの質が低下。利用客の問い合わせや苦情が増えていたことから、新システムの導入に踏み切った。

 到着時間の精度を高めるため、送信場所や天候に左右される現在のアナログ無線から、どこでも通信可能なIP無線に移行。バスを利用する海外客が増加していることを踏まえ、英語での案内を新たに加えた。スマホの画面では、利用するバスの到着予定時間と共に、直近で通過したバス停をイラストでわかりやすく表示する。

 GPS(衛星利用測位システム)情報やランドマークを指定することで、最寄りの停留所の検索も実現。総事業費は7900万円で、国と市から半分程度の補助を受ける。

 同社の内沢博昭バス事業部長は「サービスを活用することで冬に寒い外で待つ時間を少しでも減らし、利用客の時間の有効活用につながれば」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...