北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館バス、「ロケーションシステム」一新 到着時間の精度向上【函館】

スマートフォンの画面で、バスの到着予定時間と車両の位置が確認できるようになる新バスロケーションシステム

 函館バス(森健二社長)は3月15日、路線バスの運行情報を検索できるサービス「バスロケーションシステム」を一新する。多言語化を実現し、増加する外国人観光客に対応。バスの到着予測時間の正確性を高めたほか、車両の現在の位置などをスマートフォンなどで手軽に確認できるよう改善し、利用客の利便性向上を図る。

 同社は道内のバス事業者に先駆け、2007年に同サービスを導入。携帯電話やパソコンのほか、主要約20カ所のバス停と公共機関を中心とした6カ所に設置する大型画面で、バスの到着予定時間などを知らせている。

 ただ、サービス開始から10年以上経過し、機器の老朽化でバスの到着予想時間にずれが生じるなど、近年はサービスの質が低下。利用客の問い合わせや苦情が増えていたことから、新システムの導入に踏み切った。

 到着時間の精度を高めるため、送信場所や天候に左右される現在のアナログ無線から、どこでも通信可能なIP無線に移行。バスを利用する海外客が増加していることを踏まえ、英語での案内を新たに加えた。スマホの画面では、利用するバスの到着予定時間と共に、直近で通過したバス停をイラストでわかりやすく表示する。

 GPS(衛星利用測位システム)情報やランドマークを指定することで、最寄りの停留所の検索も実現。総事業費は7900万円で、国と市から半分程度の補助を受ける。

 同社の内沢博昭バス事業部長は「サービスを活用することで冬に寒い外で待つ時間を少しでも減らし、利用客の時間の有効活用につながれば」と話している。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...