北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

25日、花咲線に乗って存続考える 有志が企画【根室】

 市内の鉄道愛好者ら10人が25日、実際に乗車してJR花咲線=写真=の存続を考えるSLミーティング「冬の花咲線汽車旅物語2018」を実施する。花咲線を乗り継ぎ、釧網線「SL冬の湿原号」を楽しみながら話し合うもので、主催する夢空間☆花咲線の会の鈴木一雄代表が「興味のある方はぜひお声掛けを」と個人の参加や、乗り合わせた乗客との交流を歓迎している。

 JR北海道が単独で維持することが困難な線区としている花咲線の維持・存続に向けて「夢空間☆花咲線の会」が初めて主催。市民有志の「花咲線を考える会」と、花咲線を愛する高校生「ノース」こと市内在住の綿井俊太君(根高1年)の10人が参加し、花咲線に乗りながら花咲線について考える。

 この日は午前8時22分根室駅発釧路行きの列車に乗り、釧路駅で同11時5分にSL冬の湿原号へ乗り換える。同湿原号は1月27日から1カ月にわたって釧路―標茶間を走る観光列車で、25日が運行最終日。花咲線から乗り継ぐ楽しみを周知し、利用促進につなげたい考えだ。

 同湿原号は指定席で23日午前10時現在満席だが、キャンセル等によっては空きがあることもあり、個人で空き状況の確認と予約が必要となるが、一般の参加を歓迎している。鈴木代表は「標茶までの往復車窓を楽しみながら、花咲線の存続について一緒に考えませんか」と呼び掛け、有志以外にも参加者が現れることに期待している。

 夢空間☆花咲線の会は、鈴木代表をはじめとする市内の鉄道愛好家でつくる団体で、平成28年3月の旧花咲駅廃止時に開いた「ありがとう花咲駅」、同29年10月の利用促進イベント「わくわくレールフェス2017」を市観光協会と共に企画するなど、維持存続に向けた動きを展開している。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...