北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

"ふるさと納税"つなぐ交流に手応え 東京で初の大感謝祭【根室】

好評だった根室市初のふるさと納税大感謝祭

 根室市で初となるふるさと納税者に対する大感謝祭が18日、東京都新宿区の京王プラザホテル新宿で開かれた。「2018根室PRプロジェクト in TOKYO」(実行委員長、石垣雅敏副市長)として新宿西口広場イベントコーナーでの「根室展 in 新宿2018」と相乗効果を期待し、連動して開かれた。根室ツアーの申し込みはなかったが、「家族と相談したい」と前向きな相談があったほか、根室の食材を使った試食やスペシャルランチも高い評価を受けていた。

 「ふるさと納税大感謝祭『根室発、ふるさとの心。』」は、関東近郊居住者を対象に抽選で2,000人を招待し、18日午前、午後の部に分かれ、京王プラザホテル新宿で開かれた。イベントでは、ハナサキガニやイクラ、秋サケの山漬、チカプの手作りチーズなど無料で提供する試食コーナーが設けられたほか、京都老舗料亭「菊乃井」常務でアンチエイジング料理の第一人者の堀知佐子シェフによるトークショーと根室の素材を使ったスペシャルランチ(2,400円、200食限定)を提供。当日はベビーカーで小さな子どもを連れた親子連れなどの姿が目立った。

 また、同プロジェクトの委託を受けたJTBが、根室の魅力を満載し、じっくり2泊3日の日程で根室を満喫してもらう根室ツアーを企画。相談コーナーを設けていた。この日の応募はなかったものの「家族と相談したい」とする相談者などもおり、「ふるさと納税を通じた交流人口拡大の取り組み次第では、関係人口から交流人口に結び付けることも可能」との感触を得た。

 17、18日に開かれた「根室展 in 新宿2018」との連動では、「首都圏の寄付者2万5,000人への事前告知が一定程度の効果があった」(市総合政策部)としたほか、「大感謝祭参加者も5、600人は誘導できたのではないか」としている。

 参加者からは「こういうイベントがなければ根室市と関わることはなかった。距離が遠くても実際に来てくれたので身近に感じられる」(40歳代、女性)、「このようなイベントをやられてしまったら、根室に寄付しないわけにいかない」(40歳代、男性)などの声があったという。

 なお、17日から19日までの納税、受付コーナーでは3日間で800件、1,624万円の寄付があった。

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...