北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

5月に道内初の「温泉観光実践士」養成講座【登別】

温泉観光実践士養成講座の開催を案内するチラシ

 登別国際観光コンベンション協会(唐神昌子会長)は5月12、13の両日、登別市登別温泉町の第一滝本館で、温泉観光実践士の養成講座を開く。道内では初開催で、温泉街を訪れる観光客へのおもてなし向上につなげる。

 同実践士は、温泉を正しく理解して、温泉観光地の活性化に寄与する人材育成を目的に、温泉観光実践士協会(会長・浦達雄九州産業大学地域共創学部観光学科教授)が普及を目指している。コンベンション協会は昨年12月に東京都内で行われた講座に参加。地元の魅力再発掘と観光客へのおもてなし向上につながる―と開催を決めた。

 講師は浦教授のほか、湯元オロフレ荘の日野安信さん、登別郷土文化研究会副会長の街道重昭さんら8人が務める。温泉と健康の関連性や登別温泉とアイヌ語の地名などについてレクチャーする。

 12日は午前11時~午後4時。13日は午前10時~午後3時半。2日間の日程で参加費は一般1万3千円、学生1万円(ともに税別。2日分の昼食、認定証発行料込み)。初日終了後には懇親会を開くほか、宿泊とセットになったプランも用意している。

 同協会はこれまで温泉ソムリエや高齢者入浴アドバイザーといった、温泉地ならではの資格習得に向けた講座を開いている。同協会は「観光地や温泉地の活性化策、旅行業界にまつわる講話などを通じて、理解を深めてほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせは同協会、電話0143・84局3311番へ。

関連記事

室蘭民報

登別漁港の朝市が大盛況、袋いっぱい海の幸【登別】

 登別漁港・朝市が16日朝、登別市登別港町の登別漁港で行われ、新鮮な海産物を買い求めて多くの市民らでにぎわった。  いぶり中央漁業協同組合などでつくる水産物消費拡大推進事業実行委員会の主催。...

室蘭民報

文化で祝う室蘭の節目、22日からコラボ展【室蘭】

 白鳥大橋開通20周年と宮蘭フェリー航路就航を記念した文芸・書・写真のコラボ展「つなぐ」(室蘭ルネッサンス主催、同展実行委員会主管)が22~24日の3日間、室蘭市山手町のNHK室蘭放送局プラザμ...

室蘭民報

7月7日に宝塚OG室蘭公演、夢輝のあさんが出演【室蘭】

 室蘭出身で元宝塚男役スターの夢輝のあさん=本名・黒光由佳=が出演する宝塚OGショー「ブルーモーメント室蘭公演」が7月7日午後1時半から、室蘭市幸町の室ガス文化センターで開かれる。夢輝さんのほ...

室蘭民報

藍染めと写真コラボ、伊達の関谷さんが「ふうふ展」【室蘭】

 伊達市在住の関谷博さん、洋子さん夫妻の「ふうふ展」が12日から室蘭市幸町の市民美術館で始まった。道美展会員の洋子さんがこれまで制作した藍染め作品と、博さんが国内外で撮影した写真が並ぶ。17日...

室蘭民報

いぶり中央漁協の青年部が24日に登別駅前まで「朝市」【登別】

 いぶり中央漁業協同組合の登別青年部(宮下裕次部長、15人)が主催する「朝市」が24日午前8時から、JR登別駅前で行われる。前回に続き、新鮮な地元の海産物を格安で販売する。  2016年(平...