北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

5月に道内初の「温泉観光実践士」養成講座【登別】

温泉観光実践士養成講座の開催を案内するチラシ

 登別国際観光コンベンション協会(唐神昌子会長)は5月12、13の両日、登別市登別温泉町の第一滝本館で、温泉観光実践士の養成講座を開く。道内では初開催で、温泉街を訪れる観光客へのおもてなし向上につなげる。

 同実践士は、温泉を正しく理解して、温泉観光地の活性化に寄与する人材育成を目的に、温泉観光実践士協会(会長・浦達雄九州産業大学地域共創学部観光学科教授)が普及を目指している。コンベンション協会は昨年12月に東京都内で行われた講座に参加。地元の魅力再発掘と観光客へのおもてなし向上につながる―と開催を決めた。

 講師は浦教授のほか、湯元オロフレ荘の日野安信さん、登別郷土文化研究会副会長の街道重昭さんら8人が務める。温泉と健康の関連性や登別温泉とアイヌ語の地名などについてレクチャーする。

 12日は午前11時~午後4時。13日は午前10時~午後3時半。2日間の日程で参加費は一般1万3千円、学生1万円(ともに税別。2日分の昼食、認定証発行料込み)。初日終了後には懇親会を開くほか、宿泊とセットになったプランも用意している。

 同協会はこれまで温泉ソムリエや高齢者入浴アドバイザーといった、温泉地ならではの資格習得に向けた講座を開いている。同協会は「観光地や温泉地の活性化策、旅行業界にまつわる講話などを通じて、理解を深めてほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせは同協会、電話0143・84局3311番へ。

関連記事

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...

室蘭民報

ホタテづくし北の収穫祭、釣り大会白熱【豊浦】

 第17回まるごと豊浦「北の収穫祭」(同実行委員会主催)が10日、豊浦町浜町のふるさとドームで開かれた。世界ホタテ釣り選手権大会をはじめ、特産品のホタテづくしのイベントで盛り上がった。  ...