北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦で143チームが参戦【壮瞥】

シェルターに身を隠しながら勝機をうかがう選手たち=24日午前10時ごろ

 厚生労働大臣杯・北海道知事杯争奪第30回昭和新山国際雪合戦が24日、スポーツ雪合戦の聖地・壮瞥町の昭和新山で開幕した。「一般」「レディース」「ジュニア」と新設の「レジェンド」(45歳以上)「国別対抗戦」の各部門に、海外勢3カ国を含む計143チーム、約1500人が参戦。25日まで熱戦を繰り広げる。

 日本やカナダなど12カ国で構成する国際雪合戦連合などが主催。海外からはフィンランド、カナダ、中国が出場した。

ルールは1チーム7人制で1セット3分。雪球は90球で、より相手に当てるか、敵陣の旗を奪うと勝利となる。  開会式で昭和新山国際雪合戦実行委員会の阿野裕司実行委員長は、30年の歴史を振り返り「(決勝戦を実施する)このセンターを目指し熱い戦いを繰り広げてほしい」と選手を激励。

 選手を代表し、昨年一般の部優勝の「でぃくさんズ神出」(道央ブロック支部)の田村和宣選手、レディース覇者「L」(道北支部)の橋本咲選手が「平昌五輪に負けない戦いを披露する」と選手宣誓し聖火を点火した。

 午前9時半、一斉に試合がスタート。選手たちは円陣を組んだり、声を掛け合い気合十分。火の山昭和新山をバックに一進一退の攻防を繰り広げていた。

 会場には滑り台などのスノーパークが開設され、コート外でも盛り上がりを見せていた。

聖火台に点火する田村選手(左)と橋本選手=24日午前8時55分ごろ

関連記事

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...

室蘭民報

ホタテづくし北の収穫祭、釣り大会白熱【豊浦】

 第17回まるごと豊浦「北の収穫祭」(同実行委員会主催)が10日、豊浦町浜町のふるさとドームで開かれた。世界ホタテ釣り選手権大会をはじめ、特産品のホタテづくしのイベントで盛り上がった。  ...