北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭港フェリーターミナルの飲食テナント誘致に苦戦【室蘭】

海を望む景観が素晴らしいフェリーターミナルビル3階だが利用は未定のまま

 宮蘭フェリー就航へ改修を終えた室蘭港のフェリーターミナルビル(入江町)だが、3階の利用がいまだに決まっていない。市は回転寿司店など飲食関係を中心に売り込みを図るが、約880平方メートルという広すぎるスペースが障壁となっているようだ。市は「相談に応じます。積極的に連絡を」と呼び掛けている。

 改修を終えたビル1階は受け付けロビーで、川崎近海汽船室蘭支社も5月22日から稼働する。2階は待合ロビーと乗船口となり、船社系列が売店を運営。3階の活用策だけが未定で、市は道内外でテナント誘致を進めている。

 海向きの壁面が全面ガラス張りのオーシャンビュー、吹き抜けのおしゃれな造り、広い厨房(ちゅうぼう)、広大な駐車場―など利点は多いが、テナント利用の一番の障壁となっているのがフロアの広さだ。

 市は回転寿司やコーヒーチェーン、過去にフランチャイズで飲食店を展開した企業などをリストアップし、20社ほどにアプローチ。視察までつなげた例もあるが、共通して「面積が広すぎる」との指摘を受けている。

 市が議会に提案中の条例改正案では、フェリーターミナルビルの使用料は月額で1平方メートル当たり880円。3階全面利用では単純に80万円近い使用料が発生する計算。単一航路で乗船者の利用が限られる中、テナント誘致は簡単ではない。

 フェリーターミナルのレストランで昼食や夕食を楽しむ―というのは、かつて室蘭の定番スタイルだった。旧船社が和洋中が楽しめるレストランを展開し、人気を集めた。10年ぶりの航路復活に合わせ、ターミナルもにぎわいを取り戻せるのか。

 港湾担当の東平伸副市長は「基本、飲食での活用を想定しているが、どんな要望にも弾力的に応じる方針です。ぜひ問い合わせを」と話している。

関連記事

苫小牧民報

女性自衛官候補生訓練公開 4月入隊組、笑顔で25キロ踏破

 陸上自衛隊の北部方面混成団(本部・東千歳、井上一団長)は23日、4月に入隊した女性自衛官候補生の教育訓練を、同混成団の後援会(入口博美会長)などに公開した。候補生140人が北海道大演習場(北大...

苫小牧民報

樽前山噴火での通信インフラ被害を想定 NTT東日本道事業部と陸自北部方面..

 樽前山の噴火により通信インフラに大きな被害が出たとの想定で、NTT東日本北海道事業部と陸上自衛隊北部方面隊が23日、苫小牧市若草町の中央公園で、共同防災演習を行った。関係者約300人が参加。通...

十勝毎日新聞

アスパラ 今年は豊作 収穫ピーク 商戦も活気【音更】

 さわやかな春の日差しを浴びたアスパラガスの収穫が、十勝管内の農家でピークを迎えている。2016年の台風の影響から昨年産は作柄が振るわなかったが、今年は真っすぐ伸びた形のいいアスパラが多く、「...

十勝毎日新聞

音更ら~麺組合が発足 町産素材の麺 9店でPR【音更】

 音更産の小麦とブロッコリーを使ったオリジナル麺「音更ら~麺」のブランド化などを目指す「音更ら~麺組合」(阿部利徳組合長、9店)が23日、設立された。町内で料飲業界の組合が設立されたのは初めて...

十勝毎日新聞

寺に幻想的ヨガ空間 光と音の演出導入 十勝山永祥寺【帯広】

 映像を投影するプロジェクションマッピングを導入した「お寺ヨガ」が23日夜、帯広市内の十勝山永祥寺(西3南3、織田秀道住職)の本堂で行われた。揺らめく光に彩られた神秘的空間で、参加者が静かな気...