北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭港フェリーターミナルの飲食テナント誘致に苦戦【室蘭】

海を望む景観が素晴らしいフェリーターミナルビル3階だが利用は未定のまま

 宮蘭フェリー就航へ改修を終えた室蘭港のフェリーターミナルビル(入江町)だが、3階の利用がいまだに決まっていない。市は回転寿司店など飲食関係を中心に売り込みを図るが、約880平方メートルという広すぎるスペースが障壁となっているようだ。市は「相談に応じます。積極的に連絡を」と呼び掛けている。

 改修を終えたビル1階は受け付けロビーで、川崎近海汽船室蘭支社も5月22日から稼働する。2階は待合ロビーと乗船口となり、船社系列が売店を運営。3階の活用策だけが未定で、市は道内外でテナント誘致を進めている。

 海向きの壁面が全面ガラス張りのオーシャンビュー、吹き抜けのおしゃれな造り、広い厨房(ちゅうぼう)、広大な駐車場―など利点は多いが、テナント利用の一番の障壁となっているのがフロアの広さだ。

 市は回転寿司やコーヒーチェーン、過去にフランチャイズで飲食店を展開した企業などをリストアップし、20社ほどにアプローチ。視察までつなげた例もあるが、共通して「面積が広すぎる」との指摘を受けている。

 市が議会に提案中の条例改正案では、フェリーターミナルビルの使用料は月額で1平方メートル当たり880円。3階全面利用では単純に80万円近い使用料が発生する計算。単一航路で乗船者の利用が限られる中、テナント誘致は簡単ではない。

 フェリーターミナルのレストランで昼食や夕食を楽しむ―というのは、かつて室蘭の定番スタイルだった。旧船社が和洋中が楽しめるレストランを展開し、人気を集めた。10年ぶりの航路復活に合わせ、ターミナルもにぎわいを取り戻せるのか。

 港湾担当の東平伸副市長は「基本、飲食での活用を想定しているが、どんな要望にも弾力的に応じる方針です。ぜひ問い合わせを」と話している。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...