北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭港フェリーターミナルの飲食テナント誘致に苦戦【室蘭】

海を望む景観が素晴らしいフェリーターミナルビル3階だが利用は未定のまま

 宮蘭フェリー就航へ改修を終えた室蘭港のフェリーターミナルビル(入江町)だが、3階の利用がいまだに決まっていない。市は回転寿司店など飲食関係を中心に売り込みを図るが、約880平方メートルという広すぎるスペースが障壁となっているようだ。市は「相談に応じます。積極的に連絡を」と呼び掛けている。

 改修を終えたビル1階は受け付けロビーで、川崎近海汽船室蘭支社も5月22日から稼働する。2階は待合ロビーと乗船口となり、船社系列が売店を運営。3階の活用策だけが未定で、市は道内外でテナント誘致を進めている。

 海向きの壁面が全面ガラス張りのオーシャンビュー、吹き抜けのおしゃれな造り、広い厨房(ちゅうぼう)、広大な駐車場―など利点は多いが、テナント利用の一番の障壁となっているのがフロアの広さだ。

 市は回転寿司やコーヒーチェーン、過去にフランチャイズで飲食店を展開した企業などをリストアップし、20社ほどにアプローチ。視察までつなげた例もあるが、共通して「面積が広すぎる」との指摘を受けている。

 市が議会に提案中の条例改正案では、フェリーターミナルビルの使用料は月額で1平方メートル当たり880円。3階全面利用では単純に80万円近い使用料が発生する計算。単一航路で乗船者の利用が限られる中、テナント誘致は簡単ではない。

 フェリーターミナルのレストランで昼食や夕食を楽しむ―というのは、かつて室蘭の定番スタイルだった。旧船社が和洋中が楽しめるレストランを展開し、人気を集めた。10年ぶりの航路復活に合わせ、ターミナルもにぎわいを取り戻せるのか。

 港湾担当の東平伸副市長は「基本、飲食での活用を想定しているが、どんな要望にも弾力的に応じる方針です。ぜひ問い合わせを」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

函館新聞

函館の前田、稲岡さん、トライアスロン世界選手権に出場【函館】

 函館トライアスロンクラブの前田紀幸さん(60)=NTT東日本北海道勤務=と稲岡正己さん(67)=函館五稜郭病院医師=が、5月4日にスペイン・ポンテベドラで開かれる「2019ITU世界ロングディ...

函館新聞

クイーン・エリザベス初寄港 遺愛高生が演奏披露【函館】

 世界的に有名な英国の豪華客船「クイーン・エリザベス」(9万901トン)が21日、函館港港町埠頭(ふとう)に入港した。道内初寄港で、今年で開港160年を迎えた函館港の歴史に新たなページを刻んだ。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス