北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭港フェリーターミナルの飲食テナント誘致に苦戦【室蘭】

海を望む景観が素晴らしいフェリーターミナルビル3階だが利用は未定のまま

 宮蘭フェリー就航へ改修を終えた室蘭港のフェリーターミナルビル(入江町)だが、3階の利用がいまだに決まっていない。市は回転寿司店など飲食関係を中心に売り込みを図るが、約880平方メートルという広すぎるスペースが障壁となっているようだ。市は「相談に応じます。積極的に連絡を」と呼び掛けている。

 改修を終えたビル1階は受け付けロビーで、川崎近海汽船室蘭支社も5月22日から稼働する。2階は待合ロビーと乗船口となり、船社系列が売店を運営。3階の活用策だけが未定で、市は道内外でテナント誘致を進めている。

 海向きの壁面が全面ガラス張りのオーシャンビュー、吹き抜けのおしゃれな造り、広い厨房(ちゅうぼう)、広大な駐車場―など利点は多いが、テナント利用の一番の障壁となっているのがフロアの広さだ。

 市は回転寿司やコーヒーチェーン、過去にフランチャイズで飲食店を展開した企業などをリストアップし、20社ほどにアプローチ。視察までつなげた例もあるが、共通して「面積が広すぎる」との指摘を受けている。

 市が議会に提案中の条例改正案では、フェリーターミナルビルの使用料は月額で1平方メートル当たり880円。3階全面利用では単純に80万円近い使用料が発生する計算。単一航路で乗船者の利用が限られる中、テナント誘致は簡単ではない。

 フェリーターミナルのレストランで昼食や夕食を楽しむ―というのは、かつて室蘭の定番スタイルだった。旧船社が和洋中が楽しめるレストランを展開し、人気を集めた。10年ぶりの航路復活に合わせ、ターミナルもにぎわいを取り戻せるのか。

 港湾担当の東平伸副市長は「基本、飲食での活用を想定しているが、どんな要望にも弾力的に応じる方針です。ぜひ問い合わせを」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝勢メダル続々 スケートW杯大会【帯広】

 明治北海道十勝オーバルで16日から開催中のスピードスケートのワールドカップ(W杯)で、十勝勢のメダルラッシュが続いている。平昌五輪で活躍した、幕別町出身で共に帯南商高出の高木菜那選手(26)=...

十勝毎日新聞

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 初雪遅れ【十勝】

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

十勝毎日新聞

「防衛へ棋力向上を」 将棋の渡部女流王位祝う会【帯広】

 将棋の第29期女流王位戦で6月に初タイトルを獲得した帯広市出身の渡部愛さん(25)を囲み、「女流王位獲得を祝う会in十勝」が17日、ホテル日航ノースランド帯広で開かれた。関係者ら約60人が祝福...

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...