北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

歴史的2勝に充実感 スマイルJ帰郷【十勝】

記者会見後、花束を手に記念撮影に納まる小野(右から2人目)、志賀(同3人目)、近藤(中央)の3選手。右端は山下会長

 平昌五輪の女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」として参加したフルタイムシステム御影グレッズのFW小野粧子(36)=紀山勤務=とGK近藤真衣(25)=フルタイムシステム=、帯広レディースのDF志賀葵(18)=帯三条高3年=の3選手が27日夜、とかち帯広空港に到着した。日本は初勝利を含む2勝を挙げ、過去最高の6位入賞。小野選手は「夢の舞台にやっと立てた。目標のメダルには届かなかったが、女子アイスホッケーの歴史が少し動いたかな」と充実感をにじませた。

 帯広アイスホッケー連盟(山下司会長)主催の記者会見で、山下会長は「大舞台で活躍する姿を、後輩たちはわくわくしながら見ていた。今後も帯広のアイスホッケー界を引っ張って」とあいさつし、一人ひとりに花束を手渡した。

 小野選手は全5試合に出場。1時間27分5秒プレーし、第3戦のコリア戦でゴールを挙げ、5~8位決定予備戦のスウェーデン戦では1アシストを記録した。得点の場面を「冷静になれた。スロー(モーション)な感じだった」と振り返った。4年後の北京五輪については「何も言えません」と苦笑いした。

 志賀選手は4試合に出場し、6分22秒のプレータイム。「初めての練習でリンクに向かうドアを開けた時に、会場の広さに圧倒された。これがオリンピックなんだなと感じた」。滞氷時間の短かさが悔しく、努力の必要性を再確認した。

 近藤選手はコリア戦でベンチ入り。観客席からビデオで撮影するサポート役が多かった。予選リーグのスウェーデン戦とスイス戦が印象に残っている。決勝トーナメントに懸ける思いの強さに、「海外遠征での対戦とは気迫が違った」と話した。

 初の五輪は楽しい場所でもあった。小野選手は憧れのロシアの男子選手とツーショットで記念写真、近藤選手は「ビビンバがおいしかった」と笑った。志賀選手は卒業後、大澤ちほ主将(道路建設)らが勤務するダイナックス(千歳)に入社する。妹で日本代表の最終選考まで残った紅音選手(16)=帯三条高2年=とは離れるが、「これからも妹を一番近いライバルとして頑張っていきたい」と話した。

関連記事

日高報知新聞

匿名寄付で新救急車【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1)に19日、新しい救急車が納車された。従来より室内の高さがあり、最新機器を搭載した高規格準拠の新型救急車で、病院関係者に披露した。  同病院は、平成11年に導...

日高報知新聞

28日、えりもうに祭り【えりも】

【えりも】えりもに春の訪れを告げる「第9回えりもうに祭り」が28日、国道沿いの町スポーツ公園で開かれる。えりも漁協など実行委の主催。  えりもの海で採れるエゾバフンウニは、前浜の磯で豊かに繁殖...

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス