北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

遠別農高生と農業者が交流 るもいファーマーズトーク

出前授業「るもいファーマーズトーク~農業者さんと話そう!~」で小森さんが生産する赤ジソが使われている製品の試食をする遠別農高の生徒

 留萌振興局主催の出前授業「るもいファーマーズトーク~農業者さんと話そう!~」が、26日午前11時から遠別農業高校(細川徹校長)で開かれ、同校1、2年生33人が講話を通じて留萌管内の農業の特徴について理解を深めた。

 遠別農業高校の生徒を対象に、農業の持つ魅力を発信し、地域の農業者と交流しながら取り組みを学ぶことで、留萌管内での就農や農業に関わる仕事へ就くことへの意欲喚起を図ろう―と実施した。

 出前授業では最初に、留萌振興局産業振興部農政課の石田功主幹が「留萌農業の特徴」、同局産業振興部農村振興課の槙研一課長が「『農業大国』北海道を支える農業農村整備」と題し、超硬質小麦RuRu Rosso(ルルロッソ)や増毛町のフルーツといった留萌管内で生産される農作物、留萌振興局が農業農村整備事業として行っている苫前町での用水路整備や、天塩町での公共牧場整備を説明した。

 続いて、北海道指導農業士で、小平町でルルロッソの生産を中心になって進めているルルロッソ生産者の会代表の林寛治さん、同じく北海道指導農業士で、平成9年、遠別町に有限会社緑進を設立し、農業後継者の育成などを行っている小森嘉孝さん、元・同社従業員で、昨年から遠別町で農業を始めた伊藤佳幸さんの3人が講話した。

 林さんは、留萌市内の飲食店とのパスタソース共同開発など、ルルロッソを通じた地域の活性化、伊藤さんは人出不足を補うICT農業機械を紹介。小森さんが生産する赤ジソが使われている有名飲料メーカーの製品や、皇室に献上されたこともある梅干しの試食も行われた。

 最後に林さんが「どんな仕事でも楽しむことが大切」、伊藤さんが「こんな面白い仕事は他にないと思う」、小森さんが「農業分野は広い。やってみたいと思ったさまざまな仕事を体験してみてほしい」とそれぞれ生徒へのメッセージを述べた。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

十勝毎日新聞

さあW杯 ゲスト24カ国から340人【帯広】

 16日に明治北海道十勝オーバルで開幕するスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦を前に、帯広市内では世界各国から集まった選手や関係者らの姿が街中でも見られ、十勝のグルメを満喫する選手らへ...