北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

愛称は「ウレシパ」に

【平取】町は二風谷地区に3月に完成予定の町民芸品共同作業場の愛称を「ウレシパ」に決定し、23日、役場町長室で考案した平取小教諭の田中伸さん(45)を最優秀賞で表彰した。

 新たな共同作業所は総事業費約3億795万円。木造平屋建て床面積1013・59平方㍍。本体工事は約2億7千万円で町内荷菜の小林組が施工。昨年9月に着工し、工期は年3月20日で、現在仕上げ工事を急ピッチで行っている。外構工事や展示備品購入は30年度に予定している。

 経済産業省の伝統的工芸品に指定された「二風谷イタ(盆)と「二風谷アットゥシ(樹皮繊維の反物)」や木彫り作品など地元工芸家の制作拠点施設で、機械加工室、塗装室、アットゥシ制作室、レーザー加工室のほか研修室2室とギャラリーを兼ねた展示販売スペースも設ける。

 愛称は昨年12月に公募したところ全国から378通の応募があった。1月30日に開いた川上満町長、木村英彦平取アイヌ協会長ら8人による選考委員会で決定した。

 最優秀賞に選ばれた田中さんは青森県出身で、教員としてのスタートは二風谷小学校。現在、二風谷アイヌ語教室にも受講者として通い、アイヌ語の習得に努めている。

 「誰にも愛されるすばらしいネーミング」と川上町長から絶賛された田中さんは「教員人生を始めた二風谷に関与できたことが何より喜ばしくうれしい。“ウレシパ”はアイヌ語で“育ち合う”という意味。後継者や新たな人材の交流・学習の場となることを願って命名しました」と説明し喜びを噛み締めていた。

愛称の最優秀に選ばれた田中さん(左)を川上町長が表彰

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...