北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

愛称は「ウレシパ」に

【平取】町は二風谷地区に3月に完成予定の町民芸品共同作業場の愛称を「ウレシパ」に決定し、23日、役場町長室で考案した平取小教諭の田中伸さん(45)を最優秀賞で表彰した。

 新たな共同作業所は総事業費約3億795万円。木造平屋建て床面積1013・59平方㍍。本体工事は約2億7千万円で町内荷菜の小林組が施工。昨年9月に着工し、工期は年3月20日で、現在仕上げ工事を急ピッチで行っている。外構工事や展示備品購入は30年度に予定している。

 経済産業省の伝統的工芸品に指定された「二風谷イタ(盆)と「二風谷アットゥシ(樹皮繊維の反物)」や木彫り作品など地元工芸家の制作拠点施設で、機械加工室、塗装室、アットゥシ制作室、レーザー加工室のほか研修室2室とギャラリーを兼ねた展示販売スペースも設ける。

 愛称は昨年12月に公募したところ全国から378通の応募があった。1月30日に開いた川上満町長、木村英彦平取アイヌ協会長ら8人による選考委員会で決定した。

 最優秀賞に選ばれた田中さんは青森県出身で、教員としてのスタートは二風谷小学校。現在、二風谷アイヌ語教室にも受講者として通い、アイヌ語の習得に努めている。

 「誰にも愛されるすばらしいネーミング」と川上町長から絶賛された田中さんは「教員人生を始めた二風谷に関与できたことが何より喜ばしくうれしい。“ウレシパ”はアイヌ語で“育ち合う”という意味。後継者や新たな人材の交流・学習の場となることを願って命名しました」と説明し喜びを噛み締めていた。

愛称の最優秀に選ばれた田中さん(左)を川上町長が表彰

関連記事

十勝毎日新聞

十勝勢メダル続々 スケートW杯大会【帯広】

 明治北海道十勝オーバルで16日から開催中のスピードスケートのワールドカップ(W杯)で、十勝勢のメダルラッシュが続いている。平昌五輪で活躍した、幕別町出身で共に帯南商高出の高木菜那選手(26)=...

十勝毎日新聞

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 初雪遅れ【十勝】

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

十勝毎日新聞

「防衛へ棋力向上を」 将棋の渡部女流王位祝う会【帯広】

 将棋の第29期女流王位戦で6月に初タイトルを獲得した帯広市出身の渡部愛さん(25)を囲み、「女流王位獲得を祝う会in十勝」が17日、ホテル日航ノースランド帯広で開かれた。関係者ら約60人が祝福...

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...