北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

形式のない己書見て、兼子さんが16日から作品展【登別】

形式にとらわれない己書や筆文字パステルアートを書く兼子さん

 登別市富士町で、書式にとらわれない書「己書(おのれしょ)」などを趣味で楽しむ、兼子孝子さん(61)らによる初の作品展が16~18日の3日間、大和町のインテリア家具の川原で開かれる。己書のほか、筆文字パステルアート、刺しゅうなど多彩な手作りの作品が展示される予定。

 兼子さんの己書との出会いは2年ほど前。知人から存在を知り「日本古来の墨の良さを生かしながら、自由に描かれた書体に魅せられた」と原点を振り返る。

 己書のほか、筆文字パステルアートにも取り組む。クリスマスカードや年賀状、誕生日や米寿など知人らの大切な記念日にプレゼントすることもしばしば。「己書は書いたときの達成感が魅力ですね。自由に表現できるので、上手下手がないんですよ」と語り「道内では、現在1人しかいない師範の免許を取得したい」と強い目標を掲げる。

 作品展は兼子さんが書いたポストカードや色紙サイズの作品約30点などが並び、入場無料。希望者には販売もする。「展示作品には決まった形式はありません。ワクワクするような時間を共有できれば」と多くの来場を呼び掛けている。

 詳細は兼子さん、携帯電話090・1388・4716へ。

相手の幸せを願い、趣向を凝らして書かれた年賀状

柔らかい文字とイラストで感謝を伝える作品

関連記事

室蘭民報

室清水高出身で日本画家・小島さんが作品展【室蘭】

 きょう22日に開かれる室蘭清水丘高校(菅原和良校長)の創立100周年記念式典に合わせ、14期生で日本美術院特待の日本画家、小島和夫さん(72)=東京都在住=の日本画展が21日、室蘭市中央町の...

室蘭民報

即売や体験…16日に「のぼりべつ技能祭」

 第9回のぼりべつ技能祭(登別技能協会、登別職業訓練協会主催、室蘭民報社中部支社など後援)が16日、登別市青葉町の登別地方高等職業訓練校で行われる。訓練生らが手掛けた作品を販売するほか、餅まき...

室蘭民報

伊達信金のキッズ探検隊で1億円の重さ体験

 伊達信用金庫(舘崎雄二理事長)は12日、梅本町の本店で「2018だてしんキッズ探検隊」を開いた。市内の京王幼稚園、虹の橋保育園、つつじ保育所の園児ら約120人が参加し、お金の重さ体験では、1...

室蘭民報

「じゃり道工房」で優しさあふれる染め絵並ぶ【洞爺湖町】

 石川県在住の加賀友禅作家、志田弘子さんと家族による「じゃり道工房」の作品展が8日、洞爺湖町洞爺町の洞爺湖芸術館で始まった。志田さんの母親としての愛情や、命の大切さなどへの強い思いを込めた染め...

十勝毎日新聞

特製草履で挑め「世界一」 23日「ナウマン卓球」【幕別】

 「第4回全世界ナウマンぞうり卓球大会in忠類」が23日、十勝ナウマン温泉ホテルアルコ(町忠類白銀町384)で開かれる。町忠類で発掘されたナウマンゾウの化石にちなみ、特製の草履ラケットを使用。“海外...