北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

四島交流等従来どおり継続 代表者間協議で基本合意【根室】

 北方四島代表者間協議が1日、ロシア・サハリン州ユジノサハリンスク市で開かれ、今年の四島交流事業、墓参、自由訪問等の実現に向けた実務的な協議で基本的方針を確認した。協議では四島交流(ビザなし)は日本側から9回、四島側から6回とし、実施期間については今年も5月から10月の間とすることで基本的に合意。元島民がふるさとを訪れる北方墓参は前年同様の3回、自由訪問も同じく7回行う計画だ。

 新年度の実施計画を決める代表者間協議は、独立行政法人北方領土問題対策協会、北方四島交流北海道推進委員会、北海道、千島歯舞諸島居住者連盟の日本側代表団とロシア側から露日国民ビザなし渡航実行委員会などの代表が来訪して行われた。

 日本側からは北対協の木村友二事務局長、道推進委員会の喜多廣会長、千島歯舞諸島居住者連盟の大川健一事業統括部長のほか、道およびオブザーバーとして内閣府、外務省が出席。ロシア側からは露日国民ビザなし渡航実行州委員会議長のイリーナ・パラエヴァサハリン州経済発展省副大臣をはじめ四島代表者ら30人が出席した。

 協議では、双方は四島交流の重要性を再確認し、事業を従来同様継続していくとの基本的方針を確認。今年も5月から10月までの間に日本側から四島への訪問を9回(延べ520人)、四島からの受け入れを6回(延べ339人)行う。

 ビザなし交流の枠組みで、このほかに専門家団体等が実施主体となって動植物や歴史文化、医療など分野別に交流する専門家交流として、日本側からの訪問を7回、四島側からの受け入れを4回行う計画。このうち四島側は前年より1回少なく、前年まで行われていた地震火山の専門家交流が減った。また、新年度の四島への日本語講師派遣事業は行わない。

 北方墓参は7月下旬に多楽島(フルベツ、ヒラリウス)、8月上旬に国後島(泊、東沸)、9月中旬に択捉島(留別、ポンヤリ、年萌、オンネベツ)へそれぞれ65人、計195人が訪問することで提案。いずれも過去に訪問したことのある地域だが、実施主体の道は「提案した内容についてはロ側と一致できていない部分もあり、引き続き調整していく」と話している。

 千島歯舞諸島居住者連盟が実施主体となる自由訪問は、5月中旬から9月上旬までに7回を計画。訪問地は色丹島が1回で3カ所、択捉島が4回計8カ所、国後島が1回2カ所、志発島が1回1カ所で、計455人が参加する見込みだ。

 なお、各事業の期間や人数等など具体的な内容については、今後の外交当局間の交渉によって変更となる場合もある。

関連記事

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...

釧路新聞

キリン「コハネ」妊娠/釧路市動物園

 釧路市動物園(古賀公也園長)は18日、飼育中のアミメキリンの「コハネ」が妊娠したと発表した。2013年に来園した「スカイ」との第1子で、来年の夏ごろ出産予定。生まれた子供の釧路での一般公開はせ...

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。  アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国...

日高報知新聞

落下の危険性などを調査

 道内全域を対象にした9月の屋外広告物クリーン強調月間に合わせ、日高振興局と一般社団法人北海道屋外広告業団体連合会による官民連携屋外広告物安全対策パトロールが14日、飲食店が集まる浦河町堺町地区で行...