北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

除排雪 市への苦情250件 気温上昇 さらに悪路【帯広】

気温上昇で雪解けが進み、水たまりができた市道(帯広市西12南13で)

 十勝を襲った大雪から3日目。管内では大雪が降って以降気温が上昇し、道路脇にできた雪山が急速に解けることで悪路の状況に拍車を掛けている。排雪作業の完了の見通しは立っておらず、帯広市には排雪を求める苦情や問い合わせが相次ぎ、1日の大雪以降、少なくとも約250件寄せられている。

 十勝地方は4日、上空に暖かい空気が入った影響で各地で気温が上昇した。正午までの最高気温は浦幌で9.5度、広尾9.4度、帯広5.6度など。

 帯広市によると除雪作業は2日夕方までに終了し、排雪作業は3日午後9時から始めた。初日の作業は翌4日朝方まで続けられ、北海道拓殖バスの路線に当たる常盤通と交通量の多い西6号線で実施。3日は道路幅を広くする拡幅作業が中心で、4日以降も交通量の少なくなる夜間の時間を利用し、市緑ケ丘公園沿いの公園東通といった学校付近やバス路線など幹線道路で優先して作業する。

 ただ大雪以降、市内の最高気温は2日が3.8度、3日は5.6度と上昇。4日の気温はさらに高く、道路脇に積み上げられた大きな雪山は融雪が進んでいる。車道や横断歩道付近に大きな水たまりができるなど道路状態が悪化。市道路維持課には「道路が狭い」などの苦情や問い合わせが相次ぎ、正確な集計はできていないもののその数は約250件に上るという。

 市道路維持課によると排雪作業が完了する見通しは立っていないが、同課は「4日からは道路の拡幅作業と排雪作業を並行して行う」とし、作業を急ぐ考え。

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...