北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

幻想的な雰囲気楽しむ 初イベントに500人【留萌】

来場者がハート型に並べられたスノーキャンドルで記念写真を撮った「るもい雪灯り花夢花夢night」

 雪のある留萌の暮らしを楽しもう―と飲食店などが連携した初のイベント「るもい雪灯り花夢花夢(カムカム)night」(雪灯りともし隊主催)が3日、留萌市明元町の中央公園とその周辺で開かれた。来場した500人(主催者発表)は、同公園などに並べられた約900個のスノーキャンドルやワックスキャンドルの幻想的な雰囲気や、周辺飲食店で提供されたイベント特別メニューなどを楽しんだ。

 この日は湿った雪が降るあいにくの天候の中、イベント関係者らが同公園や会場に面する市道北10条通りに並べたキャンドルに火を付けたあと、午後5時半から同公園でキャンドルの点灯式を実施。周辺の町内会・新町町内会の明澤正樹会長が、公園内の雪の斜面に設けられたキャンドルをハート型に並べた写真撮影ブースの上で花火に点火。スマートフォンやデジタルカメラで写真を撮る来場者の姿が見られた。家族で来場した市内の30代男性は「キャンドルの明かりがきれいで、写真に収めました」と笑顔を見せていた。

 同公園周辺ではおでんや豚汁、ホットワインなどの飲食物を販売。来場者先着100人に甘酒、50人に市内菓子店の桜餅をプレゼントした。また、会場の写真をSNS(会員制交流サイト)に投稿する「花夢花夢写真コンテスト」を開催。会場などを撮影した写真をSNS(会員制交流サイト)から「#るもい雪灯り」とハッシュタグ(検索目印)を付けて発信、12日正午までに最も多く「いいね!」を獲得した人には賞金1万円を贈るもの。SNSの「フェイスブック」や「インスタグラム」上では、早速写真を発信する来場者がいた。結果は同日中にフェイスブックなどで発表する予定。

 このほか、イベントに協賛した市道北10条通り沿道や周辺の飲食店11店では、イベント特別メニューとして350~2500円でカクテル、スイーツ、すしなどを提供した。

関連記事

苫小牧民報

女性自衛官候補生訓練公開 4月入隊組、笑顔で25キロ踏破

 陸上自衛隊の北部方面混成団(本部・東千歳、井上一団長)は23日、4月に入隊した女性自衛官候補生の教育訓練を、同混成団の後援会(入口博美会長)などに公開した。候補生140人が北海道大演習場(北大...

苫小牧民報

樽前山噴火での通信インフラ被害を想定 NTT東日本道事業部と陸自北部方面..

 樽前山の噴火により通信インフラに大きな被害が出たとの想定で、NTT東日本北海道事業部と陸上自衛隊北部方面隊が23日、苫小牧市若草町の中央公園で、共同防災演習を行った。関係者約300人が参加。通...

十勝毎日新聞

アスパラ 今年は豊作 収穫ピーク 商戦も活気【音更】

 さわやかな春の日差しを浴びたアスパラガスの収穫が、十勝管内の農家でピークを迎えている。2016年の台風の影響から昨年産は作柄が振るわなかったが、今年は真っすぐ伸びた形のいいアスパラが多く、「...

十勝毎日新聞

音更ら~麺組合が発足 町産素材の麺 9店でPR【音更】

 音更産の小麦とブロッコリーを使ったオリジナル麺「音更ら~麺」のブランド化などを目指す「音更ら~麺組合」(阿部利徳組合長、9店)が23日、設立された。町内で料飲業界の組合が設立されたのは初めて...

十勝毎日新聞

寺に幻想的ヨガ空間 光と音の演出導入 十勝山永祥寺【帯広】

 映像を投影するプロジェクションマッピングを導入した「お寺ヨガ」が23日夜、帯広市内の十勝山永祥寺(西3南3、織田秀道住職)の本堂で行われた。揺らめく光に彩られた神秘的空間で、参加者が静かな気...