北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

振興局職員が手話研修

 日高振興局(山口修二局長)は2月27日、手話が使いやすい社会を目指す道の手話条例の4月施行に向けた職員対象の「手話研修」を振興局3階会議室で開き、金崎伸幸副局長を含む職員12人が出席し手話の知識を深めた。6、13日の計3回開催予定。

 この日は、浦河手話サークルの伊東孝朗さん、前川奈緒さん、神谷敏子さんが講師を務めた。

 最初に聴覚障害者の伊東さんがパワーポイントで自らの体験を、後ろから呼ばれてもわからない、車の音声案内がわからない、物が落ちた音、倒れた音が分からないと手話で説明。

 また、チャイム音や話し声が聞こえないのでコミュニケーションに制限があり、事故や防災訓練、危険を知らせる音声が伝わらない。電話による会話が出来ない、音楽を楽しめない、カラオケや飲み会に参加してもつまらないことなどもあげた。

続いて、手話の簡単なあいさつでは「皆さん こんにちわ 私は 北海道 日高 振興 局 名前は ○○です よろしく お願いします」を講師の前川さんと神谷さんの援助を受けながら1人ずつ自己紹介し、笑顔で手話を学んでいた。

 また、喜・怒・哀・楽・驚愕・恐怖・決意・侮蔑・当惑・興味の10種類の顔の表情があり、会話は顔の表情が70%と手話が30%を占めていると説明。

 講師は「聴覚障がいは目に見えない障がいで、苦労しているのがわからない。音が聞こえない不安がいつもあることを理解することが大事では」と話した。

聴覚障がいへの理解と手話の簡単なあいさつを習得する振興局職員

関連記事

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...

釧路新聞

キリン「コハネ」妊娠/釧路市動物園

 釧路市動物園(古賀公也園長)は18日、飼育中のアミメキリンの「コハネ」が妊娠したと発表した。2013年に来園した「スカイ」との第1子で、来年の夏ごろ出産予定。生まれた子供の釧路での一般公開はせ...

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。  アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国...

日高報知新聞

落下の危険性などを調査

 道内全域を対象にした9月の屋外広告物クリーン強調月間に合わせ、日高振興局と一般社団法人北海道屋外広告業団体連合会による官民連携屋外広告物安全対策パトロールが14日、飲食店が集まる浦河町堺町地区で行...