北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

春国岱遊歩道3年ぶり開放 高潮被災、全国の支援に感謝【根室】

全国からの寄付で復旧した春国岱ふるさとの道(道の駅スワン44ねむろ提供)

 全国から寄せられた浄財で復旧工事を進めていた春国岱の「ふるさとの道」の開通式が4日午前11時半から同所で行われた。開通式には地元の小学生や自然保護関係者ら70人が出席。長谷川俊輔市長は全国の寄付者に感謝するとともに「観光スポットとして、ワイズユースの観点からも春国岱ににぎわいが戻ることは大変うれしい」と、貴重な自然が残る春国岱の木道の完成を喜んだ。

 春国岱の木道は、緑町などに高潮災害をもたらした平成26年12月の爆弾低気圧で、約45メートルの木橋の中央部分の床板や手すりが崩壊し通行できなくなったほか、森林部分の約170メートルと伐開道側の木道、湿原部分の木道約185メートルは全半壊していた。

 復旧工事に向けて根室市は昨年11月に「傷ついた奇跡の島・春国岱の自然を守り後世に遺し伝える」としたプロジェクトで全国から資金を募るガバメントクラウドファンディングを実施。目標額に1億円を設定し、わずか3週間余りで6,317人から1億161万8,005円の浄財が寄せられた。

 このうち約8,000万円を復旧に充て、災害に強いダイヤモンドピア工法を採用してアカエゾマツコースの木道約312メートルなどを整備し、このほど竣工した。

 開通式には地元海星小中学校の児童や根室ワイズユースの会の北村信人代表、根室湾中部漁協の高橋敏二組合長、自然保護や市議会議員ら関係者70人が出席。長谷川市長は「全国6,317人の皆さんにあらためてお礼と感謝を述べたい。観光スポットとして、ワイズユースの観点からも春国岱ににぎわいが戻ることは大変うれしい」と述べた。

 海星小中学校の児童と共にテープカットを行った長谷川市長ら出席者は、ねむろトコロジストの会のメンバーの説明を受けながら復旧したアカエゾマツコースを散策し、タンチョウとハクチョウが同居し、キタキツネが姿を見せ、太古の森林が連なる豊かな自然を満喫した。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...