北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

春国岱遊歩道3年ぶり開放 高潮被災、全国の支援に感謝【根室】

全国からの寄付で復旧した春国岱ふるさとの道(道の駅スワン44ねむろ提供)

 全国から寄せられた浄財で復旧工事を進めていた春国岱の「ふるさとの道」の開通式が4日午前11時半から同所で行われた。開通式には地元の小学生や自然保護関係者ら70人が出席。長谷川俊輔市長は全国の寄付者に感謝するとともに「観光スポットとして、ワイズユースの観点からも春国岱ににぎわいが戻ることは大変うれしい」と、貴重な自然が残る春国岱の木道の完成を喜んだ。

 春国岱の木道は、緑町などに高潮災害をもたらした平成26年12月の爆弾低気圧で、約45メートルの木橋の中央部分の床板や手すりが崩壊し通行できなくなったほか、森林部分の約170メートルと伐開道側の木道、湿原部分の木道約185メートルは全半壊していた。

 復旧工事に向けて根室市は昨年11月に「傷ついた奇跡の島・春国岱の自然を守り後世に遺し伝える」としたプロジェクトで全国から資金を募るガバメントクラウドファンディングを実施。目標額に1億円を設定し、わずか3週間余りで6,317人から1億161万8,005円の浄財が寄せられた。

 このうち約8,000万円を復旧に充て、災害に強いダイヤモンドピア工法を採用してアカエゾマツコースの木道約312メートルなどを整備し、このほど竣工した。

 開通式には地元海星小中学校の児童や根室ワイズユースの会の北村信人代表、根室湾中部漁協の高橋敏二組合長、自然保護や市議会議員ら関係者70人が出席。長谷川市長は「全国6,317人の皆さんにあらためてお礼と感謝を述べたい。観光スポットとして、ワイズユースの観点からも春国岱ににぎわいが戻ることは大変うれしい」と述べた。

 海星小中学校の児童と共にテープカットを行った長谷川市長ら出席者は、ねむろトコロジストの会のメンバーの説明を受けながら復旧したアカエゾマツコースを散策し、タンチョウとハクチョウが同居し、キタキツネが姿を見せ、太古の森林が連なる豊かな自然を満喫した。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...