北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

千歳水族館に初の直営売店 楽しいグッズ豊富、300アイテム並ぶ

オープンした売店「アクアショップ チャム」

 サケのふるさと千歳水族館に5日、初の直営売店「アクアショップ・チャム」がオープンした。「売店がほしい」という来館者からの要望に応えるかたちで実現した。初日の売り上げについて同館では「平日にしては、まずまずの出足」と話している。

 店名は「チャムサーモン」(英語でシロザケの意味)から付けた。1階エントランス横の広さ15平方メートルのこぢんまりした店内には、水族館らしいグッズと千歳観光連盟推奨品など合わせ300アイテム約3000点が並んでいる。

 オープン記念特価のメモ帳(110円=以下税込み)、ザトウクジラのミニチュア(5940円)まで品ぞろえ豊富。

 ラッコやアザラシ、ペンギン図柄の靴下(540円)やバースディーペンギン(1030円)、水族館オリジナルタオル(500円)が人気。サケのペーパークラフト(200円、350円)やサケのふるさと村教授会会員作りのサケ皮製のキーホルダー(200円、300円)。

 観光客向けには、千歳観光連盟土産推奨品やカルビーポテトファームの「じゃがポックル」(885円)、オープン記念協賛で北海道キッコーマン特製「めんみ」(315円)もある。常連客は「以前からほしかったんです」とオリジナルタオルを購入していた。水族館では「思い出に残る商品を購入していただいて、また足を運んでいただければ」と話し、インバウンド対応で「アリペイなどの利便性の高い決済も導入したい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...