北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

総仕上げの選挙に

【新ひだか】4月10日告示、同15日投開票の町長選挙に4選を目指して出馬する現職の酒井芳秀氏(73)の後援会事務所開きが4日、静内御幸町1の同事務所で行われた。酒井氏は「新ひだか町が将来とも良い町、活力ある町になっていくよう、皆さんと一緒に力を合わせて勝利を勝ち取りたい」と決意を述べた。

4選に向けて決意を述べる酒井氏

 事務所開きには鳴海修司新冠町長や後援会、産業団体などから約80人が出席。神事で必勝を祈願した後、後援会の畠山重博会長団代表が「この選挙を勝ち抜いて懸案事項の総仕上げをしてもらうことが大事」と期待の言葉を送った。

 酒井氏は「総決算、総仕上げの選挙として立候補した。道議時代を含め34年の公職生活だが、まだパワーは持っているし、ここに至って大事なわが町の町政を担っていく決意をした」と話した。

 2月5、6日の大雪災害については「町の初動対応が遅いと言っている方がいるが、6日午前中の2時間ぐらいに11回関係者とやり取りしている。私たちとしては当然重要な問題として取り上げて対応している」と反論した。

 また、町税が多かったころと比べて3億円ほど減っていることから、「歳入、歳出のバランスを考えることが一番の課題」とし、「私の持っている経験、幹部職員が持っている経験でクリアしていかなければならない。住んでいて良かったと思える町にして、あとに続く子どもや孫たちに引き継いでいく体制を作る」と話した。

 この後、後援会長団を代表して金森靖一さんの音頭で祝杯をあげ、後援会幹事長の沢谷貫一さんの三本締めで結束を呼び掛けた。

 町長選は酒井氏のほか、2月末で道職員を退職した大野克之氏(59)が6日に出馬表明する予定で、8年ぶりの選挙戦に突入する見通し。

 酒井氏は新ひだか町出身。北大卒業後、稼業の建設会社に従事。58年4月の道議選に初当選し、平成13年から道議会議長を務めるなど5期20年間在職。15年4月に無所属で知事選に立候補し落選。16年8月に旧静内町長に当選。町合併に伴い、18年4月に新ひだか町長に当選。昨年5月から日高町村会長を務めている。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...