北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

鹿部の「軽石干し」料理味わって ロイヤルホテル11日と25日にバイキング【鹿部】

バイキングをPRする齋藤料理長(左)と吉井キャプテン

 みなみ北海道鹿部ロイヤルホテル(鹿部町本別530、若井浩支配人)は11日と25日、町の特産品として新たに誕生した「軽石干し」を使った料理を提供する「サンデーランチバイキング」を行う。同ホテルは「魚本来の旨味を生かした創作料理を大勢の人に味わってほしい」とPRしている。

 軽石干しは、駒ケ岳噴火で堆積した軽石の吸水力を生かして仕上げた干物。鹿部町製品開発研究会(高橋昱彦=あきひこ=会長)と道立工業技術センター(函館)が共同開発した。

 昨年12月から道の駅「しかべ間歇泉公園」で販売開始したサバ、ソウハチガレイ、アブラコに加え、バイキングではイワシとカマスの5種類を使用。サバはマスタードを塗った香草オーブン焼き、アブラコは皮目を香ばしく焼くポワレ、ソウハチガレイは旨味を閉じ込めた釜飯で提供する。

 2月8日に行われた商品化の記念祝賀会で、同研究会のメンバーでもある齋藤晃悟料理長が振る舞い、関係者が絶賛。一般市民にも食べてもらおうとバイキングを企画した。齋藤料理長は「臭みがなく、凝縮した旨味が特長。焼き魚も提供するので、食べ比べてみてほしい」と話す。飲料担当の吉井康貴キャプテンは「地元の商品と連携した初めての企画。町おこしの発信源になれば」と意気込む。

 同研究会の鈴木昌志事務局長は「さまざまな調理方法を広め、軽石干しをよりおいしく味わってもらうきっかけにしたい」とアピール。当日は製造工程や誕生秘話を紹介するパネルや軽石も展示する。

 午前11時半~午後2時。中学生以上2200円、小学生以上1700円、小学生未満1000円(前日までの予約で200円引き)。ランチ利用で売店での買い物が1割引、当日の日帰り入浴が半額の500円になる。予約、問い合わせは同ホテル(01372・7・3201)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「純白ゆり根大福」好評 道の駅忠類【幕別】

 道の駅忠類(町忠類白銀町、小竹淳店長)で、昨年8月から販売を開始した「純白ゆり根大福」が好評だ。販売5カ月余りで5000パック(2個入り)を売り上げ、地元特産の農産物加工品でもトップクラスの人気...

函館新聞

函館国際ホテルがいちごスイーツビュッフェ【函館】

 函館国際ホテル(函館市大手町)は平日の午前11時半から午後3時まで、イチゴを使った10種類のデザートが楽しめる「いちごスイーツビュッフェ」を実施している。料金は1200円(フリードリンク付)。...

十勝毎日新聞

町待望のそば店「五武庵」 移住の平野さん【上士幌】

 そば店が一軒もなかった町内で25日、そば居酒屋「五武庵」がオープンし、初日から地元客らでにぎわった。自治体が使途を明確にして寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)で集まった資...

十勝毎日新聞

藤村さんチーズ料理入賞 全国コン道地区賞【帯広】

 チーズと地域の食材を使ったオリジナル料理のユニークさを競う「第7回チー1グランプリ」(チーズフェスタ実行委員会主催)で、帯広大谷短期大学生活科学科栄養士課程2年の藤村幸乃さん(19)が「枝豆とコ...

十勝毎日新聞

40年熟成十勝ブランデー 寄付返礼に【池田】

 池田町がワイン城改修経費の一部をインターネットで募る「ガバメント・クラウドファンディング(GCF)」(10~12月)で、寄付者への返礼品とする秘蔵の40年熟成十勝ブランデーの年内発送分が20日...