北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

鹿部の「軽石干し」料理味わって ロイヤルホテル11日と25日にバイキング【鹿部】

バイキングをPRする齋藤料理長(左)と吉井キャプテン

 みなみ北海道鹿部ロイヤルホテル(鹿部町本別530、若井浩支配人)は11日と25日、町の特産品として新たに誕生した「軽石干し」を使った料理を提供する「サンデーランチバイキング」を行う。同ホテルは「魚本来の旨味を生かした創作料理を大勢の人に味わってほしい」とPRしている。

 軽石干しは、駒ケ岳噴火で堆積した軽石の吸水力を生かして仕上げた干物。鹿部町製品開発研究会(高橋昱彦=あきひこ=会長)と道立工業技術センター(函館)が共同開発した。

 昨年12月から道の駅「しかべ間歇泉公園」で販売開始したサバ、ソウハチガレイ、アブラコに加え、バイキングではイワシとカマスの5種類を使用。サバはマスタードを塗った香草オーブン焼き、アブラコは皮目を香ばしく焼くポワレ、ソウハチガレイは旨味を閉じ込めた釜飯で提供する。

 2月8日に行われた商品化の記念祝賀会で、同研究会のメンバーでもある齋藤晃悟料理長が振る舞い、関係者が絶賛。一般市民にも食べてもらおうとバイキングを企画した。齋藤料理長は「臭みがなく、凝縮した旨味が特長。焼き魚も提供するので、食べ比べてみてほしい」と話す。飲料担当の吉井康貴キャプテンは「地元の商品と連携した初めての企画。町おこしの発信源になれば」と意気込む。

 同研究会の鈴木昌志事務局長は「さまざまな調理方法を広め、軽石干しをよりおいしく味わってもらうきっかけにしたい」とアピール。当日は製造工程や誕生秘話を紹介するパネルや軽石も展示する。

 午前11時半~午後2時。中学生以上2200円、小学生以上1700円、小学生未満1000円(前日までの予約で200円引き)。ランチ利用で売店での買い物が1割引、当日の日帰り入浴が半額の500円になる。予約、問い合わせは同ホテル(01372・7・3201)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

スモモワイン今年も 甘さと酸味の2種【更別】

 さらべつ産業振興公社(三好光幸社長)は昨年に続き、今年も村特産品のスモモの実を使ったワインを発売した。道の駅さらべつで扱っている。  発売したのは甘さを生かした「村民ワインすもも」(糖度26...

室蘭民報

国道37号線沿い直売所に客誘う真っ赤なイチゴ【豊浦】

 豊浦町内を走る国道37号沿いで、今年も町名産のイチゴの直売所がオープンしている。つややかに真っ赤に熟した実が、甘い香りを漂わせている。観光客や札幌、函館方面に向かうドライバーが立ち寄りにぎわ...

名寄新聞

独自製法で強いモチモチ感・杵つき餅入りどら焼き発売【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、本格的なきねつき餅が入った特製どら焼きを発売。モチモチ感が強く、あんと皮とともに、おいしさを際立たせている。  同社では、地元産も...

名寄新聞

「もち米玄米珈琲」を発売【名寄】

 株式会社松前(市内西4南6、松前衛代表取締役社長)は、名寄産もち米を使った「名寄産もち米玄米珈琲」を発売。玄米を黒焙煎(ばいせん)して仕上げたもので、コーヒーのような香りと色、苦みがありなが...

名寄新聞

チョウザメおこわ誕生・天塩川グルメ開発【美深】

 チョウザメのまち「美深町」ならではの新メニューが誕生した。コラーゲン豊富なチョウザメだしスープで美深町産もち米を炊き上げた「チョウザメおこわ」で、道の駅びふか前で販売。多くの観光客から注目を...