北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

田畑真紀が就任へ 駒大苫高スピードスケート部監督

握手を交わす田畑真紀新監督(左)と中野明彦現監督

 駒大苫小牧高校スピードスケート部は6日、同校を卒業しバンクーバー五輪女子団体追い抜きで銀メダルを獲得した田畑真紀(43)が4月1日付で監督に就任することを発表した。同校での記者会見で田畑は「それぞれが目標をしっかり持ち、向上心の高い活気あふれるチームにしていきたい」と古豪復活に向けて強い決意を語った。

 会見には、同校の笹嶋清治校長と同部現監督の中野明彦さん(59)も同席。「現監督の職務上の立場などから、そろそろ後継者をつくらなければいけない」ということから、1年前から田畑に監督就任を要請していたなど、これまでの経緯を笹嶋校長が説明。同校の事務職員として勤務することと、監督兼任で現役を続けていくことも発表された。笹嶋校長は「将来オリンピック選手を目指す子どもたちの励みになってもらえれば」と期待を寄せていた。中野さんは今後「総監督」として新監督をサポートしていく。

 監督就任について田畑は「将来的に指導者というのはぼんやりとは考えた。平昌五輪の選考会の中で、自分としてはやりきってから結論を出したかった。次の世代の育成に向けて、一人一人の能力をしっかり伸ばしていき、指導者として勉強をしていきたい」と抱負を語った。また、現役続行についても「ゆくゆくは、監督に専念するという気持ちはあるが、今は自分でも競技者として試してみたいこともあるし、終わりはないと思っているので、プレーイングマネジャーとして選手たちとともに練習し、新たな発見をしていければ」と話した。選手たちについては「まだまだ伸びしろがあるので、トレーニングを積んでいって、もっと成長してほしい」と期待を込めた。

 今後については「インターハイで優勝できる選手や将来、オリンピック選手として世界で活躍していく選手を育てていきたい」と語り、「スケートだけではなく社会に貢献できる人間を育てていければ」と人間形成を重要視する考えだ。47歳として迎える次回の北京五輪についても「生徒たちと一緒に戦う姿勢を見せ、チャンスがあれば狙っていきたい」意欲を見せた。

 田畑新監督の高校時代の恩師でもあり、37年間続けた監督生活に区切りを付けることとになった中野明彦さんは「本来は、ナショナルチームのコーチを務められる素材だと思っている。高校時代から、高い志を持って練習に取り組んでいたので、今の選手たちにとっては大きな存在になってくれるはず」と教え子に大きな期待を寄せていた。

 田畑は、4月1日から同校の事務職員として勤務しながら、6人の在校生と、4月に入部が予定されている3人の新1年生を指導していく。

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...