北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌JC 音楽合宿の成果を報告

 

高橋市長(左)に事業報告書を手渡す留萌JCの伊藤理事長(右)ら

 一般社団法人留萌青年会議所(留萌JC、伊藤俊輔理事長)の音楽合宿事業報告会が、6日午後4時から留萌市役所市長室で開かれ、留萌JCの役員が高橋定敏市長らにこれまでの事業成果を報告したほか、今後の取り組みへの協力を求めた。

 留萌JCは、市の交流人口増加によるマチの活性化を目指して、平成26年度から音楽合宿誘致事業を展開。初年度は1校80人の参加だったが、年を追うごとに参加校も増え、昨年は6校が8回の合宿を実施。引率者を含め中高生延べ483人が市文化センターや市中央公民館に宿泊し、JCメンバーや市民有志のサポートを受けながら演奏技術の向上を図った。

 市への報告は、今年度から会場費用の免除や事業費の補助を行っている市に取り組みを報告するとともに、4年間の成果に理解を深め、今後の支援につなげよう―と実施。伊藤理事長、谷龍嗣直前理事長、伊藤悟専務理事の3人が市長室を訪れ、伊藤理事長が高橋市長に14ページにまとめた事業報告書を手渡した。

 伊藤理事長は「おかげさまで留萌への合宿者数は右肩上がりに伸びており、市に対し500万円以上の経済効果を生むことができた。留萌にとって有益な事業と考えており、30年度も練習会場にかかる費用の支援継続と、公民館の冬期使用の際の暖房費の固定算出をお願いしたい」と要望。

 高橋市長は「留萌は多くの音楽人を送り出してきた。音楽活動をする子供たちが留萌を訪れ、留萌でのおもてなしを受けて帰ることは生涯の財産、数字で評価できない無限のエネルギーになる。行政としても支援したい」、早川隆教育長は「30年度で留萌の合宿事業の方向性を決めようと考えている。持続可能な体制をどうするか、関係者とも協議していきたい」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

女性自衛官候補生訓練公開 4月入隊組、笑顔で25キロ踏破

 陸上自衛隊の北部方面混成団(本部・東千歳、井上一団長)は23日、4月に入隊した女性自衛官候補生の教育訓練を、同混成団の後援会(入口博美会長)などに公開した。候補生140人が北海道大演習場(北大...

苫小牧民報

樽前山噴火での通信インフラ被害を想定 NTT東日本道事業部と陸自北部方面..

 樽前山の噴火により通信インフラに大きな被害が出たとの想定で、NTT東日本北海道事業部と陸上自衛隊北部方面隊が23日、苫小牧市若草町の中央公園で、共同防災演習を行った。関係者約300人が参加。通...

十勝毎日新聞

アスパラ 今年は豊作 収穫ピーク 商戦も活気【音更】

 さわやかな春の日差しを浴びたアスパラガスの収穫が、十勝管内の農家でピークを迎えている。2016年の台風の影響から昨年産は作柄が振るわなかったが、今年は真っすぐ伸びた形のいいアスパラが多く、「...

十勝毎日新聞

音更ら~麺組合が発足 町産素材の麺 9店でPR【音更】

 音更産の小麦とブロッコリーを使ったオリジナル麺「音更ら~麺」のブランド化などを目指す「音更ら~麺組合」(阿部利徳組合長、9店)が23日、設立された。町内で料飲業界の組合が設立されたのは初めて...

十勝毎日新聞

寺に幻想的ヨガ空間 光と音の演出導入 十勝山永祥寺【帯広】

 映像を投影するプロジェクションマッピングを導入した「お寺ヨガ」が23日夜、帯広市内の十勝山永祥寺(西3南3、織田秀道住職)の本堂で行われた。揺らめく光に彩られた神秘的空間で、参加者が静かな気...