北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌JC 音楽合宿の成果を報告

 

高橋市長(左)に事業報告書を手渡す留萌JCの伊藤理事長(右)ら

 一般社団法人留萌青年会議所(留萌JC、伊藤俊輔理事長)の音楽合宿事業報告会が、6日午後4時から留萌市役所市長室で開かれ、留萌JCの役員が高橋定敏市長らにこれまでの事業成果を報告したほか、今後の取り組みへの協力を求めた。

 留萌JCは、市の交流人口増加によるマチの活性化を目指して、平成26年度から音楽合宿誘致事業を展開。初年度は1校80人の参加だったが、年を追うごとに参加校も増え、昨年は6校が8回の合宿を実施。引率者を含め中高生延べ483人が市文化センターや市中央公民館に宿泊し、JCメンバーや市民有志のサポートを受けながら演奏技術の向上を図った。

 市への報告は、今年度から会場費用の免除や事業費の補助を行っている市に取り組みを報告するとともに、4年間の成果に理解を深め、今後の支援につなげよう―と実施。伊藤理事長、谷龍嗣直前理事長、伊藤悟専務理事の3人が市長室を訪れ、伊藤理事長が高橋市長に14ページにまとめた事業報告書を手渡した。

 伊藤理事長は「おかげさまで留萌への合宿者数は右肩上がりに伸びており、市に対し500万円以上の経済効果を生むことができた。留萌にとって有益な事業と考えており、30年度も練習会場にかかる費用の支援継続と、公民館の冬期使用の際の暖房費の固定算出をお願いしたい」と要望。

 高橋市長は「留萌は多くの音楽人を送り出してきた。音楽活動をする子供たちが留萌を訪れ、留萌でのおもてなしを受けて帰ることは生涯の財産、数字で評価できない無限のエネルギーになる。行政としても支援したい」、早川隆教育長は「30年度で留萌の合宿事業の方向性を決めようと考えている。持続可能な体制をどうするか、関係者とも協議していきたい」と話していた。

関連記事

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...

室蘭民報

楽天社員がネットショップで成功する戦略紹介【室蘭】

 日本政策金融公庫創立10周年記念セミナーwith室蘭商工会議所「ネットショップを成功に導く3つのポイント」が13日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、楽天(東京)の奥村宏也ヴァイスマネージャ...

室蘭民報

緑丘高1年生が会社経営の卒業生らに取材【伊達】

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が、インタビューの手法を用いて、まちの価値や魅力を形作っている人々の存在に迫るワークショップに臨んだ。社会の第一線で活躍する卒業生らに取材し、印...

室蘭民報

幌別川にハクチョウ飛来、水面をすいすい【登別】

 登別・胆振幌別川に今年も越冬でシベリアからハクチョウが飛来している。例年と同じ10月下旬から訪れており、市民らに本格的な冬の訪れを告げている。同河川では、オオハクチョウとコハクチョウが十数羽...