北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

のり400枚で「桜ずし」

【新ひだか】町公民館の利用サークルや関係団体が日ごろの活動成果を発表する「第12回公民館まつり」が4日、同館で開かれた。町内外から延べ4300人(主催者発表)が来場し、各サークルによる芸能発表や作品展示・即売会のほか、長さ約70㍍の「ジャンボ桜ずし」作りを楽しんだ。

 この日は館内全室を利用し、約40団体のサークルが参加。1階ロビーで行われた開会式で中村敏館長が「この機会に多くの体験をしてもらい、自分自身の新しい楽しみを見つけていただき、これからの楽しい生活に生かして」とあいさつ。酒井芳秀町長も「町民の手作り感のあるお祭りなので、目いっぱい楽しんでいただけたら」と来場者を歓迎した。

 続いて、しずない吹奏楽団のファンファーレで開幕を飾り、トマトキッズダンサーズwithほっと・たいむとスペシャルゲストの阿部卓馬さんによる「太陽の瞳」などのライブパフォーマンス、よさこいサークル・飛舞人は熱気あふれる演舞を披露した。

 この後、ステージ発表で吹奏楽やアフリカ音楽、創作舞踊、フラダンス、ダンス、民謡、マンドリン、日本舞踊、阿波踊りの披露。詩吟やフォークダンス、社交ダンス、茶会、囲碁、沖縄三線などの体験会、書道や絵画、写真などの作品展示、七宝焼きのブローチやネックレス、さまざまな模様のバッグ、実用的な皿やかわいらしい人形など陶器の即売会も手作りの一点ものとして人気を集めた。

 小学生以下を対象にした玉入れや輪投げなどのミニゲームコーナーは小学4年~中学1年生のチャレンジリーダーが運営して親子連れなどを楽しませた。

 恒例の「ジャンボ桜ずし」作りは、町女性団体連絡協議会やサークルの協力で、子どもから高齢者まで来場者約250人が挑戦。1階ロビーをぐるりと取り巻き、米50㌔、のり400枚、シイタケ2㌔、カンピョウ2㌔、紅ショウガ4㌔を使用し、食紅で桜色に色付けしたすし飯に具をのせ、全員で呼吸を合わせて巻き上げ、一斉に掲げて完成を祝った。

完成した長さ70㍍のジ ャンボ桜ずしを掲げる来場者たち

 完成したジャンボ桜ずしは小分けにして来場者がいただき、最後には年齢別に4回に分けてもちまきが行われるなど、公民館は大勢の人でにぎわった。

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...