北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

雪合戦で全道優勝

【新冠】新冠野球スポーツ少年団で構成する雪合戦チーム「レコピージュニアA」(小林敏之代表)が4日、札幌市で行われた小学生対象では国内最大の大会「第17回道新杯小学生雪合戦大会」で優勝する快挙を達成した。

 同大会には全道から22チーム約220人が参加。1チーム7人ずつ出場して雪玉を使って相手を攻撃し、相手よりも多く当てるか相手陣地の旗を奪うと勝利になる。1セット2分間の3セットマッチで、7ブロックに分かれて予選リーグを行い、上位2チームによる決勝トーナメントが行われた。

 新冠野球スポーツ少年団は、レコード館の「レコ」と町が全道一の生産量を誇るピーマンの「ピー」を組み合わせた「レコピージュニア」として高学年主体のAチームと低学年主体のBチームに分かれて計14人が出場。

 レコピージュニアAは、下川一真君(新冠小6年)、山内樹君(同)、福田凌汰君(同)、浅井嶺君(朝日小同)、佐藤秀斗君(新冠小5年)、柴村優汰君(同)、矢野朝輝君(同4年)のメンバー。監督は町職員の石郷岡直哉さん(22)が務めた。

 レコピーは予選2試合、決勝トーナメント準決勝までの3試合を一人も当てられることなく、2―0のストレートで勝ち進むと、決勝ではシニアチームもある過去2回優勝の強豪・稲穂タイフーンJr(札幌市)と対戦。

 第1セットは6―7で稲穂に先取されたが、第2セットを7―5で奪取すると、勝負の第3セットは残り約30秒で5―6の劣勢となったが、残り5秒で佐藤君のロブ(浮き玉)ショットが相手に当たって引き分けとなり、残り人数のポイント差で相手を上回ったことから優勝が決まった。

 新冠はもとより、日高勢として初の快挙に選手たちも試合終了の瞬間、万歳をして喜びを爆発させた。新冠勢は第9回大会から参加し、初参加の大会で準優勝。その後の決勝進出はなく、昨年まで2年連続3位だった。

 レコピーの選手たちは、昭和新山国際雪合戦に出場した大人に交じって練習を積み重ね、アドバイスをもらいながらこの大会に備えてきた。雪の少ない新冠では雪玉ではなく、軍手をボールに見立てた屋内練習のみで、雪玉を使った屋外での試合はぶっつけ本番で臨んだ大会だった。

 町雪合戦連盟の指導者として15年間にわたって町内の雪合戦普及に尽力してきた小林代表(59)は「昨年出場した6年生が経験を生かせれば上位に行けると思っていたが、まさか優勝するとは」と驚き、「本当に雪合戦が好きな子どもたちで、最後まであきらめなかったことが優勝につながった。子どもたちの頑張りに感謝したい」と話している。

優勝したレコピージュニアAの選手たち

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...