北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

訪日客を登別の店に…26、27日にセミナー開催

おもてなし向上に向けてセミナーを開催する=登別ブランド推進協議会ホームページより

 増加傾向にある訪日客へのおもてなしを高めようと、登別ブランド推進協議会(成田光男会長)は対応を急いでいる。26、27の両日、市内で受け入れのノウハウを学ぶセミナーを開き、観光客を取り込むための対応や求められるニーズなどを伝授して、需要促進を図る機会とする。統一した翻訳で応対できるよう、飲食、小売店向けの多言語表記の対応や翻訳のデータベースを同協議会ホームページで紹介している。

 市内を訪れる観光客は右肩上がり。特に外国人旅行者の増加は顕著で、新千歳空港への直行便やLCC(格安航空会社)の運航、FIT(海外個人旅行)の増加などを背景に、アジア各国からの来登が多い。2016年度(平成28年度)の外国人宿泊客数は過去最高となる47万人超え。17年度も堅調で、国内客を含めた年間トータル入り込みも、1992年以来となる400万人突破が期待されている。

 訪日客を地元店舗に呼び込み市内全域の活性化を図ろうとセミナーを企画した。小売店、飲食店の経営者、従業員を対象に、市内を訪れる訪日客の入り込みや動向を紹介するほか、求められるニーズ、手軽にできる対応などを紹介する。個別相談にも応じる。

 セミナー以外でもおもてなし向上につなげようと、同協議会では翻訳の統一性を図るために、多言語対応に関する方針をまとめた。店舗ごとのばらばらの表記ではなく、観光庁が策定したガイドラインをベースに、普通、固有名詞、ローマ字の表記方法や情報伝達手段であるピクトグラムの活用などを紹介している。飲食店で活用できるよう、和洋中の主なメニューや食材などを、英語と韓国語、簡体字、繁体字で記している。

 セミナーは26日午後3時から婦人センター(登別東町)、27日午前11時から登別温泉ふれあいセンター(登別温泉町)でそれぞれ行われる。多言語対応は同協会ホームページで確認できる。

 問い合わせは市商工労政グループ内の同協議会事務局、電話0143・85局2171番へ。

関連記事

根室新聞

7月4日に「トリオ・ドスアンコ+ハイコ」迎え演奏会【根室】

 啓雲中学校で吹奏楽部の部長を務めた濱田孝紀さん(現在ドイツ・バンベルク在住)ら道産子音楽家で作るチューバ・ユーフォニアム・アンサンブル集団に、ゲストを加えたカルテット「トリオ・ドスアンコ+ハ...

室蘭民報

旧温泉小が年度内解体へ…26、27日に校舎内を開放【登別】

 1906年(明治39年)に開校し、2007年(平成19年)に100年の歴史に幕を下ろした旧登別温泉小学校(登別市登別温泉町)が18年度に解体される。解体後の跡地には、隣接する登別温泉浄水場が...

室蘭民報

宮蘭フェリー就航30日前に宮古で記念シンポ【室蘭、宮古】

 室蘭市と岩手県宮古市を結ぶ宮蘭フェリーの就航30日前記念シンポジウム(宮古港フェリー利用促進協議会主催)が23日、宮古市の市民文化会館で開かれ、活用策などを巡り意見交換した。  「人が動く...

室蘭民報

室蘭市内の小学校で「心一つ」に運動会練習

 室蘭市内の小学校の運動会が6月2日にスタートする。トップを切って行われるみなと小と天沢小では、21日から運動会特別日課が始まり、児童たちはグラウンドでリレーやリズム体操、組み体操などの練習に...

室蘭民報

洞爺湖マラソンで6700人が絶景を楽しみ疾走【洞爺湖】

 第44回洞爺湖マラソン2018が20日、洞爺湖温泉街を発着点とするコースであり、フルマラソンをはじめ、10キロ、5キロ、2キロの各コースにエントリーした約6700人が絶景を楽しみながら駆け抜...