北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館初の広告電車724号車 3月下旬ラストラン【函館】

長谷川水産の広告電車として走る現在の724号

 函館市電で、1975年に最初の広告電車として運行した724号車が、3月下旬でラストランを迎える。保守用の部品を残して廃車となる予定だが、函館市企業局交通部は、お別れセレモニーの実施を検討している。

 724号車は、現在8両ある「710形」の1両。

車体は全長12・24メートル、幅2・34メートル、高さ3・7メートル。旧新潟鉄工所で製造され、62年に納車。同部は現在、収入や営業距離に見合った台数として30両の車両を保有しているが、超低床電車「らっくる号」の新車導入に伴い、引退が決まった。

 企業広告をあしらった初のカラー電車のスポンサーは、大門地区で98年に閉店したさいかデパート。店のイメージカラーに合わせて車両を真っ赤に塗装し、「さいか号」として運転した。

 当時は広告に関してさまざまな規制があり、看板職人が車体に記した「さいか」の文字は控えめ。同部施設課によると、広告電車は函館に先駆け、長崎市内で路面電車路線を営業する長崎電気軌道が運行していたといい、「函館に登場した時はかなりインパクトがあった」と説明する。

 現在は、イチヤママル長谷川水産(八雲町)のラッピング車両として親しまれ、724号車の引退後は、別の車両が同社の広告電車となる。

 車両は整備を重ねることで現役で活躍できるが、納入から半世紀以上が経ち、メーカーからの部品供給は終了しているという。このため、引退後は速度制御装置などを取り外し、他の710形の予備として保存する。

 同部は、最終運行の日程を調整中で「可能であればセレモニーを実施したい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...