北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

スポーツで地域おこし

 浦河町の地域おこし協力隊員に、上野晧平(うえの・こうへい)さん(29)が着任した。8日に町役場で池田拓町長から委嘱状を受けた上野さんは、町で初めてスポーツを通してまちづくりに携わる。

池田町長(左)から委嘱状を受ける上野さん(右)

 協力隊員は、地方自治体が総務省の財政支援により、都市部の住民を受け入れ委嘱するもので、地域おこし活動の支援や農林漁業の応援、住民の生活支援など「地域協力活動」に従事してもらいながら、隊員の定住・定着を目指す。

 浦河町では8人目の協力隊員で、男性は3人目。任期は最長3年まで延長できる。現在町で活躍する協力隊は、上野さんを含め2人。

 上野さんは札幌市出身。国士館大21世紀アジア学部卒。小学3年生の頃にサッカーを始め、少年団に入り、中学、高校ともサッカー部で汗を流し、プロサッカー選手を夢見て東京都の国士館大町田キャンパスに入学した。

 だが、間もなくサッカーに限界を感じてフットサル選手に転向。大学を休学して単身インドや韓国へ渡り、平成24年に中国でプロフットサル選手になった。26年にチームを退団し、その後は母校である北星学園附属高で29年12月までサッカー部の指導者として携わり、全日本ユース大会で北海道2連覇を成し遂げるなどの成績を残した。

 高校時代や、指導者としてサッカーの大会や合宿などで浦河を訪れたことがあり、「アエルの芝生がきれいで、広いところだな。こんな環境はなかなかない」との第一印象。ちょうど浦河がスポーツ分野で協力隊を募集しているのをネットで見て、スポーツを通して自分にしかできないことをやりたいとの思いから協力隊に応募した。

 これからの活動について上野さんは、「いろいろなスポーツを通して町で大会や合宿をしてもらい、道外などから人を呼び込んで、人と人との繋がりを結んで浦河の交流人口を増やしたい」と張り切っている。  町も「新たな視点で(地域を)掘り起こしてもらい、浦河の魅力を発信してほしい」と期待している。

関連記事

十勝毎日新聞

ひな鳥 いつも一緒 緑ケ丘公園にマガモ親子【帯広】

 帯広市内の緑ケ丘公園内の「十勝池」でマガモが子育てに励んでいる。6月末から人目に付く場所に姿を見せ、親鳥とひな鳥10羽の愛らしい様子が来園者を和ませている。  マガモは十勝で一年中見ること...

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技...

十勝毎日新聞

信金結婚相談所1年 会員300人突破、「寿退会」5組【帯広】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が運営する結婚相談所「おびしんキューピット」(西2南7、山崎真一所長)が、昨年6月の開設から1年が経過した。会員数は300人を突破する勢い。山崎所長は「予想より...

函館新聞

函館空港に「清正公」見参 江差・姥神祭をPR【函館】

   8月9~11日に江差町で開かれる道内最古の祭り「江差姥神大神宮渡御祭」を前に、町内を巡行する13台の山車(やま)の一つ「清正山」の人形が14日、函館空港国内線旅客ターミナルビル1階に登場した...

函館新聞

奇才ダリの世界へご案内 函館美術館で特別展開幕【函館】

 道立函館美術館の特別展「奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界」が14日、同館で開幕した。イタリアの詩人、ダンテの叙事詩「神曲」の挿絵として描かれた100点を含む、版画215点、彫...