北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

えりも岬女性部の活動に賞

【えりも】1、2日に東京で開催された「第23回全国青年・女性漁業者交流大会」で、えりも漁協えりも岬地区女性部の実践成果を発表した川﨑尚子部長が、その活動を高く評価されて3位相当の農林中央金庫理事長賞を受賞し、道漁連や漁協関係者から祝福されている。

 大会は、全国の青年・女性漁業者が日頃の活動成果を発表しながら、知識や情報を共有して水産業と漁村の活性化に役立てるのが目的。全国漁業協同組合連合会が主催、農林水産省、NHKなどが後援。

 全国から600人が参加。発表は43人が5つの分科会に分かれ、川﨑部長は第3分科会の流通・消費拡大部門で「パルシステム生活協同組合連合会との交流事業」―漁協の協力組織として、届けた浜の思い―のタイトルで発表。

 内容は、首都圏を中心とした生活協同組合で構成する連合会組織(パルシステム)と産直提携で販売促進活動を進めているえりも漁協に女性部が協力できる活動として、平成24年11月に道内産コンブの消費拡大で道漁連が企画した、パルシステム静岡での「浜のお母さん料理教室」に日高地区漁協女性部役員の立場で川﨑部長が講師を務め、日高コンブの良さをPRした。

 同漁協女性部は、日々の活動で海の幸に対する価値を創造し、漁協事業に結びついてこそ組合員の豊かさに繋がるとし、実践活動ではコンブメニューでの料理教室を毎年各地域パルシステムに出向いて開催。

 産直会議は毎年1回「パルシステム・えりも漁協交流事業」として開催し、26年8月にはパルシステム茨城の役員総勢28人をえりも岬に迎え、コンブの天日干し作業の工程などを実感してもらった。

 コンブ料理教室は、24年以降各県のパルシステムで開催し、15㌢にカットした80㌘袋詰めコンブの販売が、24年の4万個から27年には11万個を達成し、その後も順調に推移している。

 えりも漁協では、今後の課題としてツブなど他の魚種でもパルシステムに原料を提供する計画があるので、えりも岬地区女性部はその際、産地交流の受け入れ態勢を整え、漁協の強力なサポーターを目指したい―と発表。

 同行したえりも漁協の住野谷張貴専務は「えりも産コンブの知名度と、浜の女性のパワーと向上心への認識が一層高まった発表だった」と話していた。

大会で女性漁業者の活動を発表する川﨑部長

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...