北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アイヌ民族丸木舟、今月末、厚真町へ返還 大学の経営移管前に-苫駒大

苫駒大の環太平洋・アイヌ文化研究所から厚真町に返還される丸木舟(提供)

 厚真町で2007年に発見され、苫小牧駒沢大学内の環太平洋・アイヌ文化研究所が保管、展示しているアイヌ民族の丸木舟が、今月下旬に同町に返還される。「見学を希望する市民も少なく、教育に活用する役目を終えた」(同研究所)とし、苫駒大の経営が4月に学校法人京都育英館に移管されるのを前に厚真町教委軽舞遺跡調査整理事務所に移すことを決めた。同月中旬から同事務所で一般公開される。

 丸木舟は全長約5メートル、幅約50センチ。木を柔らかくして彫るために焼いた際の焦げ跡や、刃物の跡が残っている。年代は約500年前のものと推定されており、当時の製造方法が分かることから資料的価値が高いという。

 発見当時は厚真町内に保管場所がなく、同研究所に資料室を開設するタイミングと重なったことなどから同研究所に寄託。薫蒸や防腐処理を行い、学芸員課程の学生の教育に活用していた。

 17年度からの国際文化学科の募集停止が決まった16年、学芸員課程やカリキュラムの見直しについて学内で議論。「苫駒大での役割は終えた」とし、厚真町に返還する方針となっていた。

 「道内の丸木舟としては古く、他の丸木舟と比較、研究する上でも貴重な資料」と、同事務所の乾哲也学芸員。岡田路明研究所長は「学校法人駒沢大学の苫駒大として寄託を受けたものは、経営移管前に返還するのが筋だと判断した」と説明。「価値の高い資料なので、厚真町民の方々にもぜひ見てほしい」と語る。

関連記事

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...

釧路新聞

キリン「コハネ」妊娠/釧路市動物園

 釧路市動物園(古賀公也園長)は18日、飼育中のアミメキリンの「コハネ」が妊娠したと発表した。2013年に来園した「スカイ」との第1子で、来年の夏ごろ出産予定。生まれた子供の釧路での一般公開はせ...

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。  アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国...

日高報知新聞

落下の危険性などを調査

 道内全域を対象にした9月の屋外広告物クリーン強調月間に合わせ、日高振興局と一般社団法人北海道屋外広告業団体連合会による官民連携屋外広告物安全対策パトロールが14日、飲食店が集まる浦河町堺町地区で行...