北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

遠別農高の大木さんがパスタソースコンテストで最優秀賞に

留萌・麦で地域をチェンジする会の仲田会長(左)から賞状を受け取る大木さん

最優秀賞を受賞した大木さんの料理「留萌野菜たっぷりチリコンカンパスタソース」

 留萌振興局、留萌・麦で地域をチェンジする会主催のRuRu Rosso(ルルロッソ)パスタソースレシピコンテストの最終審査会が、8日午後1時からるしんふれ愛パーク(船場公園)管理棟で開かれ、1次審査で選ばれた3人がオリジナルのソースを使ったパスタを調理。試食を交えた審査の結果、遠別農業高校1年の大木ひかりさん(16)が最優秀賞を受賞した。振興局などでは今後、受賞レシピの商品化を視野に検討するとしている。

 ルルロッソは、留萌管内限定生産のパスタ用超硬質小麦を100%使用し、パスタの主流であるデュラム小麦にも負けないコチコチとした独特の強いコシと豊かな風味が楽しめる。市内の飲食店のほか、札幌市を中心に道内のイタリア料理、フランス料理専門店などでもメニューとして提供され、乾麺や生パスタとして大型小売店や土産物屋などでも販売されており、市民や観光客らの高い人気を誇っている。

 コンテストは、留萌管内で生産される高品質な特産品の知名度向上を図るとともに、地域でしか味わえないパスタソースを作ることで地域振興の一助とするもの。テーマは「留萌管内の農産物・海産物などを生かした、ルルロッソで食べたいパスタソース」で、今年1月に行われた1次審査には26点の応募があり、書類選考を経て札幌市の山口太一さん(39)の「エビとリンゴのラプソディ」、齊藤孝典さん(30)の「柑橘風味のタリオリーニ留萌産豚バラ肉と枝豆のエイグルドゥーつけ麺仕立て」と大木さんの「留萌野菜たっぷりチリコンカンパスタソース」の3点が最終審査に臨んだ。

 株式会社グラート(札幌市)の堀川秀樹さん、株式会社丸タ田中青果(留萌市)の田中美智子さん、株式会社司(同)の大懸信司さん、麦で地域をチェンジする会の仲田隆彦会長と振興局産業振興部の鈴木章代地域産業担当部長の5人が審査員を務め、味やアイデア、調理のしやすさなど5項目で審査した。

 大木さんのパスタは、学校で生産している大豆や玉ネギ、ピーマン、ニンニクをふんだんに使ったトマトベースのソースで、濃厚なトマトがスパゲッティーにタイプの麺によく絡み、大豆や玉ネギの食感が楽しい一皿。「試作段階では味付けが薄かったので、本番では濃いめになるよう心掛けた」という。  授賞式では、仲田会長から賞状と副賞が贈られ、大木さんは「自分が育ててきた農産物の特徴を理解し、料理に生かせた。受賞はとてもうれしい」と喜び笑顔を見せた。

 審査員を代表して堀川さんが「どの料理もおいしく、甲乙つけがたいものだった。今後のレシピ化や商品開発などを総合的に考えて大木さんのメニューに決めた」と講評した。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...