北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館市、除雪体制見直しへ 本年度は10億円規模に【函館】

排雪を運んだトラックが何度も出入りする慰霊堂青少年ホール前広場の臨時雪捨て場(2日)

 今冬の記録的な降雪で除排雪作業が進まず、市民から多数の苦情が寄せられたことを受け、函館市は9日に開かれた市議会経済建設常任委員会(小林芳幸委員長)で、除雪体制の見直しに着手する考えを示した。本年度の除雪費は、15日に議会に提出予定の補正予算分も含め総額で10億円規模となることが予想され、過去最高となる見通しだ。

 阿部善一委員(民主・市民ネット)らの質問に答えた。市土木部は、雪が降り始めた昨年11月から今月8日までに、除排雪に関して市に寄せられた苦情が1万455件だったと報告。1日当たりで最も多かったのは今月2日の1402件で、1000件を上回ったのは近年ではないという。

 阿部氏は、市と契約を結ぶ業者を総動員しても除排雪作業に遅れが生じていることに関し「この冬で函館の機動力の限界がみえた」と指摘。空き家の増加なども道路の除雪が進まない要因だとした上で「従来の考え方を変えなければならない」と迫った。

 これに田畑浩文土木部長は、排雪用ダンプの不足を現状の課題として挙げ「新年度の除雪体制や方法を見直したい」と明言。市民協働による除雪の新たな仕組みも模索する考えを示した。

 また、阿部氏は通学路の除雪が追い付かなかったことについて「3年前の大雪でも同じことがあったのに教訓が生かされていない。積極的な除排雪を強く要請したい」と改善を求めた。

 市は、補正予算に盛り込む追加分の除雪費の金額を調整中。除雪費として計上した当初予算と予備費を合わせた7億円はほぼ使い切り、これまで最高だった2011年度の約8億7700万円を上回るのは確実となっている。

 市内の除排雪の状況は、7日時点で幹線道路のほぼ全てと公共施設周辺の住宅道路で約6割が完了。一方で、生活道路約780キロは1回のみの作業で、その後の道路状況の悪化には対応できていないという。

 現在は函館建設業協会を通じて作業の応援を求め、数社から協力を得たといい、同部は「今まで以上にスピードを上げ、全力で対処したい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...