北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「居酒屋兆治」ロケ地巡る 菅原さんがガイド【函館】

高倉さん演じた英治の居酒屋「兆治」などがあった赤レンガ倉庫の一角で説明する菅原さん(中央)

 道立函館美術館は9日、追悼特別展「高倉健」に合わせ、高倉さん主演の函館ロケ作品「居酒屋兆治」(1983年、降旗康男監督)の撮影地を巡る「ロケ地てくてくツアー」を開いた。函館市民映画館シネマアイリスの菅原和博代表が案内役を務め、同作品など映画に描かれた函館について解説しながら、高倉さんの足跡をたどった。

 作品は、造船所を辞め、赤レンガ倉庫の一角で小さな居酒屋「兆治」を営む高倉さん演じる英治と、故大原麗子さん演じる昔の恋人さよとの心のすれ違いを描いた。田中邦衛さん、故伊丹十三さん、2月に亡くなった左とん平さんら名優らが脇を固めた。30年以上が経過しているが作品は色あせることなく、観光都市として整備が進む直前の函館が随所に登場し、現在との対比も楽しめる。

 ツアーには約20人が参加。天候の影響で一部を変更し、特別展鑑賞後に、大町から函館朝市に向けてロケ地を巡った。当時、末広町で喫茶店を経営していた菅原さんは「撮影を何度も見に行った。スタッフが70~80人もいて、散水車で派手に雨を降らせるシーンでは映画を撮るのはお金もかかると思った」と話した。

 金森赤レンガ倉庫では、ちあきなおみさんが演じる峰子の店があった周辺から「兆治」の場所を眺め、菅原さんは「ちあきさんの函館弁が一番巧みで、歌手で耳がいいからうまく話せたのでは」と紹介。七財橋は、タイトルバックのほか、雨の中で橋の下で泣くさよに気づかない英治が橋の上にいるという象徴的なシーンが撮影された。菅原さんは「この映画を成立させたのは大原さんの危うい美しさ。このような女優が少なくなった」と話した。

 参加した市桔梗町の坂井滋夫さん(69)は「任侠映画ではなく『海峡』などの健さんが好きだった。説明も良く、このようなイベントはどんどんやってもらいたい」と満足した様子。広島県大竹市から参加した会社員、浜辺佳幸さん(46)は「高倉さんにはほかの役者さんにはない魅力があった。函館は初めてですが、普通の観光にはない視点で楽しめた」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...