北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

GB「生誕の地杯」実現を 町推進協が秋田訪問【芽室】

 ゲートボール(GB)ゆかりの地で相互交流を-。町GB推進協議会(明瀬幸子会長)の会員が、GB考案者の故鈴木和伸氏の出身地の秋田県由利本荘市を訪れ、同市GB協会の若林徹支部長らと懇談し、同市での「生誕の地杯」の開催を提案した。同市の関係者は8月に芽室で開かれる「発祥の地杯」の参加を約束した。

相互交流を確認した芽室と由利本荘市のGB関係者。右から3人目が木村、同4人目が藤田両副会長。右から6人目が若林支部長

 同市訪問の発端となったのは、昨年8月に町内で開かれたGB発祥70周年記念事業での藤田靖純同協議会副会長(記念事業実行委員長)と日本GB連合顧問の遠藤容弘さんとの対談。藤田実行委員長はその中で、鈴木氏と遠藤さんがともに秋田の出身であることから「由利本荘市で“生誕の地杯”を開催していただき、GB発祥の地の芽室とつながりを持てれば」と提案していた。

 2月26日に藤田副会長、木村淳彦副会長、相馬光明普及活動部長ら5人が同市を訪問。若林支部長ら同市GB協会の役員と懇談した。遠藤さんも同席した。遠藤さんによると、鈴木氏の生誕地は同市前郷とみられ、藤田副会長ら芽室の一行は若林支部長らにその裏付け調査を依頼するとともに、同市での「生誕の地杯」開催を打診した。

 藤田副会長は「まずは今年の発祥の地杯にお越しいただくことになった。将来的には物産交流などにもつなげていければ」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...