北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

八千代A出土品 重文に 文化審答申【帯広】

 国の文化審議会(馬淵明子会長)は9日、国の重要文化財(重文)に、新たに美術工芸品50件を指定するよう文部科学大臣に答申した。考古資料の部には、帯広市が所有する八千代A遺跡(帯広市八千代町基線194付近)出土品一括580点が選ばれた。重文への美術工芸品(考古資料)の登録は十勝から初めて。

国の重要文化財に指定されることになった八千代A遺跡の土器群。底にホタテ貝のあとが付いているのが特徴

 資料は、土器・土製品39点と、石器・石製品541点の計580点。出土品の所有者は帯広市で、帯広百年記念館(北沢実館長)が保管している。

 答申では「北海道東部における最初期の定住生活の実態と、その文化的内容を理解する上で極めて重要な資料であり、極めて高い学術的価値を持つ」と評価された。

 八千代A遺跡は、縄文時代早期前半、今から約8500年~9000年前のころの遺跡。1985~88年に発掘調査が行われた。調査では、この時期の竪穴式住居跡105件や土器、石器などの遺物約8万9000点が出土した。

 答申された50件は今後、官報告示を経て正式に登録される。今回の答申の件数も含め重要文化財(美術工芸品・考古資料の部)件数は全国に594件、道内は31件。

 帯広市教委の嶋崎隆則教育長は「学術的価値が認められたことは、大変光栄なこと」とし、「より多くの方が地域の歴史や文化財に関心を持っていただけることを期待している」とコメントした。

 遺跡の発掘作業に携わった同館の北沢館長は、「道内東部における大規模集落遺跡として最古の事例で、全国的に見てもこの時期としては珍しい遺跡。指定されたことは、とてもうれしく思う」とし、「今回の指定を機に、十勝の遺跡に関心を持ってもらいたい」と述べた。

 同館では今夏を目標に、出土品の公開を目指している。

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...