北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

八千代A出土品 重文に 文化審答申【帯広】

 国の文化審議会(馬淵明子会長)は9日、国の重要文化財(重文)に、新たに美術工芸品50件を指定するよう文部科学大臣に答申した。考古資料の部には、帯広市が所有する八千代A遺跡(帯広市八千代町基線194付近)出土品一括580点が選ばれた。重文への美術工芸品(考古資料)の登録は十勝から初めて。

国の重要文化財に指定されることになった八千代A遺跡の土器群。底にホタテ貝のあとが付いているのが特徴

 資料は、土器・土製品39点と、石器・石製品541点の計580点。出土品の所有者は帯広市で、帯広百年記念館(北沢実館長)が保管している。

 答申では「北海道東部における最初期の定住生活の実態と、その文化的内容を理解する上で極めて重要な資料であり、極めて高い学術的価値を持つ」と評価された。

 八千代A遺跡は、縄文時代早期前半、今から約8500年~9000年前のころの遺跡。1985~88年に発掘調査が行われた。調査では、この時期の竪穴式住居跡105件や土器、石器などの遺物約8万9000点が出土した。

 答申された50件は今後、官報告示を経て正式に登録される。今回の答申の件数も含め重要文化財(美術工芸品・考古資料の部)件数は全国に594件、道内は31件。

 帯広市教委の嶋崎隆則教育長は「学術的価値が認められたことは、大変光栄なこと」とし、「より多くの方が地域の歴史や文化財に関心を持っていただけることを期待している」とコメントした。

 遺跡の発掘作業に携わった同館の北沢館長は、「道内東部における大規模集落遺跡として最古の事例で、全国的に見てもこの時期としては珍しい遺跡。指定されたことは、とてもうれしく思う」とし、「今回の指定を機に、十勝の遺跡に関心を持ってもらいたい」と述べた。

 同館では今夏を目標に、出土品の公開を目指している。

関連記事

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...

釧路新聞

キリン「コハネ」妊娠/釧路市動物園

 釧路市動物園(古賀公也園長)は18日、飼育中のアミメキリンの「コハネ」が妊娠したと発表した。2013年に来園した「スカイ」との第1子で、来年の夏ごろ出産予定。生まれた子供の釧路での一般公開はせ...

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。  アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国...

日高報知新聞

落下の危険性などを調査

 道内全域を対象にした9月の屋外広告物クリーン強調月間に合わせ、日高振興局と一般社団法人北海道屋外広告業団体連合会による官民連携屋外広告物安全対策パトロールが14日、飲食店が集まる浦河町堺町地区で行...