北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

架空請求相談 4日間で27件【十勝】

保護シールを貼り「本物」を装った架空請求のはがき

 「民事訴訟告知センター」などと名乗りはがきを送付し、訴訟取り下げの名目で現金をだまし取る架空請求詐欺の相談が、今月に入り十勝で急増している。帯広署には5~8日の4日間で計27件の相談があった。はがきに保護シール(目隠しラベル)を貼ることで本物を装う手法も確認されており、同署は注意を呼び掛けている。

 はがきは「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と題し、「契約会社、運営会社側から契約不履行による民事訴訟として訴状が提出された」「ご連絡なき場合は、執行官立ち会いの下、給与差し押さえ及び動産、不動産の差し押さえを強制的に執行」などと記載。

 はがきの送付日に近い日付で「取り下げ最終期日」が示されている。消印はいずれも「光が丘」や「板橋西」など東京都内の地名となっている。

 同署管内では、本人や家族が詐欺だと気が付いて同署に相談したため被害は報告されていないが、石狩市では先月、70代男性が同様の手口で現金計1600万円をだまし取られている。

 届いたはがきを持って相談に訪れた女性(64)=帯広市在住=は「身に覚えがなかったので、主人に相談したところ警察に話すように言われた。裁判などの言葉が並び、ただごとではないと動揺して一瞬信じてしまいそうになった。許せない」と憤る。

 同署は先月の5~7日の3日間にも12件の同様の相談があったことから、今後も増えることを懸念している。「はがきが来たら警察に相談を。問い合わせ先の番号には絶対に電話をしないで」と呼び掛けている。

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...