北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

架空請求相談 4日間で27件【十勝】

保護シールを貼り「本物」を装った架空請求のはがき

 「民事訴訟告知センター」などと名乗りはがきを送付し、訴訟取り下げの名目で現金をだまし取る架空請求詐欺の相談が、今月に入り十勝で急増している。帯広署には5~8日の4日間で計27件の相談があった。はがきに保護シール(目隠しラベル)を貼ることで本物を装う手法も確認されており、同署は注意を呼び掛けている。

 はがきは「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と題し、「契約会社、運営会社側から契約不履行による民事訴訟として訴状が提出された」「ご連絡なき場合は、執行官立ち会いの下、給与差し押さえ及び動産、不動産の差し押さえを強制的に執行」などと記載。

 はがきの送付日に近い日付で「取り下げ最終期日」が示されている。消印はいずれも「光が丘」や「板橋西」など東京都内の地名となっている。

 同署管内では、本人や家族が詐欺だと気が付いて同署に相談したため被害は報告されていないが、石狩市では先月、70代男性が同様の手口で現金計1600万円をだまし取られている。

 届いたはがきを持って相談に訪れた女性(64)=帯広市在住=は「身に覚えがなかったので、主人に相談したところ警察に話すように言われた。裁判などの言葉が並び、ただごとではないと動揺して一瞬信じてしまいそうになった。許せない」と憤る。

 同署は先月の5~7日の3日間にも12件の同様の相談があったことから、今後も増えることを懸念している。「はがきが来たら警察に相談を。問い合わせ先の番号には絶対に電話をしないで」と呼び掛けている。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...