北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

おおきし保育所で内覧会、町産木材を4割使用【豊浦】

天井が高く自然光が降り注ぐ開放的な遊戯場

 豊浦町が町内大岸に建設していた、新しい「おおきし保育所」がほぼ完成し、10日内覧会があった。関係者が同町産の木材を使用した、広々と明るく開放感ある新保育所の内部を見学。4月のオープンを心待ちにしていた。

 旧園舎は園児数の増加で、保育スペースがやや手狭になったことや建築40年が経過し、老朽化していた。新園舎は旧園舎の近くの敷地面積約2千平方メートルに昨年7月に着工。木造平屋の床面積約490平方メートルで外構工事を残してほぼ完成した。

 年齢別の保育を可能とする、保育室5部屋と約100平方メートルの遊戯場をはじめ事務室、調理室、多目的トイレなどを備える。子どもたちが使うスペースは床暖房となっている。構造材の木材は約4割町内産を使用し、町内資源の有効活用を図った。定員は30人。総事業費は約3億100万円。

 内覧会には入所予定の親子や関係者約60人が参加。園舎内は木目調で温かみある雰囲気。天井が高い遊戯場では自然光が降り注ぎ、入所予定の子どもたちがはだしになり走り回って歓声を上げていた。

 同保育所に3人を入所させる予定の町内東雲町、大久保千紘さん(32)は「外から見ると2階建てと思うくらい屋根が高いですね。子どもたちはすぐはだしになりたがるので、床暖はいいですね」、長女のほのかちゃん(5)は「春から楽しみです」と笑顔を見せていた。

 4月2日に開所式と入園式を実施する。

関連記事

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...

函館新聞

北浜町会とファイヤーワールドが災害時協定結ぶ【函館】

 北浜町会(岡部禮子会長)と、近隣の吉川町で薪ストーブの販売や点検業務を行う「ファイヤーワールド函館」(佐々木俊司代表)はこのほど、災害時に同店の暖房器具を住民に提供することなどを定めた協定を...

苫小牧民報

新たな観光施設、初日からにぎわい 展望台の完成祝う-苫小牧・道の駅ウトナ..

 苫小牧市が建設を進めていた道の駅ウトナイ湖(植苗)の展望台が20日、オープンした。同日、完成セレモニーが行われ、道の窪田毅副知事や岩倉博文市長、植苗町内会連合会の丹治秀一会長ら関係者約50人が...

苫小牧民報

ファイターズジェット運航開始 機体に球団ロゴ-スカイマーク

 スカイマークは19日、プロ野球北海道日本ハムファイターズと連携した特別デザイン機「ファイターズジェット」(ボーイング737―800型機)1機の運航を始めた。2020年6月頃まで羽田―新千歳線をは...

根室新聞

公示地価 市内は住宅地横ばい 商業地再び下落【根室】

 国土交通省は20日、地価公示法に基づく平成31年の公示地価を公表した。根室市の住宅地は横ばい、商業地は対前年比08パーセントの下落となり、商業地は平成29年まで17年連続で続いた下落が昨年横ばいに回復...