北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

水牛でチーズ製造 東京出身竹島さん【新得】

モッツァレラチーズ作りのために飼育する水牛と竹島さん

 新得町在住の竹島英俊さん(44)=東京都出身=が、昨年7月から共働学舎新得農場(宮嶋望代表)のチーズ工場を間借りし、道内では飼育が珍しいイタリア生まれの水牛を育ててモッツァレラチーズを製造している。1.5ヘクタールの農場で10頭の水牛を放し飼いし、生乳の質を上げる飼料の研究にも余念がない。「本物のモッツァレラを追求したい」と日々奮闘している。

 竹島さんはイタリアで3年間の修業を積んだ後、宮崎県内に拠点を構えたが、2010年に発生した家畜伝染病「口蹄(こうてい)疫」の拡大防止策の影響で、水牛が全頭処分された経験を持つ。「ささげていたものを全て失った」と当時を振り返る。

 以来、7年間のアルバイト生活を送りながら再起を目指し、知り合いだった宮嶋代表の好意で新得に移り住むことになった。国内で主流の乳牛に比べ、高脂肪・高タンパク質で濃厚な味わいになるという水牛のチーズ作りを復活させた。

竹島さんが製造しているモッツァレラチーズ

 再開したモッツァレラ作りには、長かったアルバイト時代の経験を生かしている。地産地消の第一人者と言われ、NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」などで紹介された、奥田政行さん(48)のイタリアンレストラン「アルケッチャーノ」=山形県鶴岡市=で働き「料理人がチーズに何を求めているかを教わった」という。

 奥田さんからも「竹島さんが作るチーズは熟練の技で発酵の度合いを見極め、酸味の強すぎない絶妙な味わい」と太鼓判を押してもらった。現在は1日約8キロを搾乳し、製造したチーズを週2回、東京と京都のレストランに直送している。「モッツァレラチーズの魅力を全国に発信したい」と張り切っている。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...