北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

信頼される看護師に

 浦河赤十字看護専門学校(学校長・武岡哲良浦河赤十字病院長)=浦河町東町ちのみ1=の第26回卒業式が9日、隣接する浦河赤十字病院体育館で開かれ、3年間の学業を終えた20人が看護師の道へ巣立った。

 武岡学校長は卒業生一人ひとりに卒業証書を手渡し、皆勤賞の土屋未来さんを表彰した後、「我が国は少子高齢化が加速的に進み、それにつれて医療を取り巻く環境は著しく変化している。我々は常にその変化を読み取って、いち早く対応していく必要がある。看護の実践にひたむきな意欲と情熱を深めて人間の生命と、尊厳を守り、生涯を通して専門知識と技術の習得に研さんされることを期待している」と激励。

 続いて、日本赤十字社の近衛忠煇社長(代読)、来賓の山口修二日高振興局長(同)、池田拓浦河町長らからも卒業生たちにエールが送られた。

 在校生代表の江川友宥子さん(2年)が「先輩たちはいつも側で私たちを見守る姉や兄のような存在で心の支えでした。これまで時には涙し、時には仲間とぶつかり合いながらも努力し続けた日々がこれからの糧となることを願っています。この日々を胸にこれからも自分の看護観や信念を大切にして未来を切り開いていってください」と送辞。卒業生代表の山田未来さんは3年間の学校生活や家族、先生、仲間、後輩に感謝し涙ながらに振り返りながら、「赤十字で学んだ人道と博愛の精神をもって、患者のことを一番に考え、気持ちに寄り添い、一人の人間として尊重していける看護師になります」と決意を答辞。

 この後、花束を受け取った卒業生たちは、駆け付けた約40人の父母らへ感謝の気持ちを込め、卒業生がゆずの「栄光の架橋」を歌うと保護者らの目頭も熱くなった。

 最後に在校生のレミオロメンの「3月9日」の合唱で退場し、父母らから祝福の拍手が送られた。

 卒業生の進路は、18人が浦河赤十字病院、1人が釧路赤十字病院に就職、1人が札幌の病院へ就職する。

卒業式を終え記念撮影の卒業生たち

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...