北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭シャークスに新戦力、レギュラー入りへ闘志【室蘭】

新たに室蘭シャークス入りした(右から)青木、岩崎、細川

 社会人野球の室蘭シャークス(磯貝剛監督)に3人の新人選手が加入した。投手2人、内野手1人の陣容。全員が大卒で即戦力としての期待も高く、都市対抗北海道予選に向けてレギュラー入りを目指す。

 新加入したのは、投手の岩崎巧(22)=法政大、細川悠士(同)=星槎道都大、内野手の青木健太(同)=駒沢大。今年1月から各自チームに合流し、練習に汗を流している。

 チーム内の投手陣はプロ経験者3人がひしめき、エース争いが熱を帯びる。左腕の岩崎は「大学時代はけがが多かった。野球に向き合った思いをぶつけて息の長い選手になりたい」と誓う。同じくサウスポーで、元日本ハムの瀬川隼郎については「自分も目指しているプロでやってきた選手。何でも聞いて(技術を)吸収したい」と意欲を見せる。

 細川は昨秋、星槎道都大として初の明治神宮野球の決勝を経験。一方で「4年生がふがいなく悔しさがあった」。150キロに迫る速球を武器に「これまで目立つ選手ではなかった。社会人として活躍したい」と鍛えた右腕に力を込める。

 青木は駒大苫高、駒沢大で活躍。大学時代は主にショートを任された。高校時代は、昨年シャークス入りした大石悠介と二遊間を組んだ仲。「守備からリズムをつくりたい。バントやファウルでの粘りなどの持ち味を出していきたい」と攻守で力を発揮するつもりだ。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...