北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

2高校生徒が作文コンクールで全国ダブル受賞【伊達】

江口署長に受賞の喜びを報告した東倉さん(右)と今野さん

 第7回命の大切さを学ぶ教室全国作文コンクール(警察庁主催)で、伊達高校2年の東倉志穂さん(17)が全国3位に相当する「警察庁長官賞」に、伊達緑丘高校1年の今野怜美さん(16)が同5位に当たる警察庁長官官房給与厚生課犯罪被害者支援室長賞に輝いた。全国ダブル受賞に関係者が喜びに包まれている。

 同教室は犯罪や交通事故の被害者遺族が体験を通じて命の大切さを訴える。東倉さん、今野さんはそれぞれ夏に交通事故被害者遺族の講話を聴き、自分の思いを1600字程度にまとめた。

 東倉さんは、保育園から小学3年生まで一緒に過ごした友人を交通事故で亡くしたつらい経験と怒り、警察官を目指す理由を「悲しみから芽生えた私の思い」と題してつづった。

 作文を書く上で被害者遺族が悲しみの中「どのように生きているのか」などもインターネットなどを使い調べたという。自分自身に対しても警察官の夢が揺らいだこともあったが「この作文で警察官を目指す意思を固めた」。

 「自分の思いを全部はき出せた」という作文の最後は「私たちは被害者にも加害者にもなり得る。交通事故で悲しむ人が一人でも減るように警察官への道を目指して一歩ずつ頑張ろうと思う」と結んだ。

 今野さんのタイトルは「もしも」。尊敬する二つ上の兄、明るくて優しい一つ下の弟。大好きな兄や弟が万が一「交通事故に巻き込まれたら…」と考え、ペンを走らせた。

 「多くの人に家族、きょうだいの大切さを伝えたかった」と振り返る。命をつなげる親への感謝の思い、改めて感じたきょうだいを大切に思う気持ちが伝わってくる内容となっている。

 東倉さんと今野さんは2月下旬に伊達警察署を訪問。江口和男署長は「2人の常日ごろからの命の大切さについて思いが十二分に表現されている」と受賞を喜んだ。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...