北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧埠頭会長・長岡久人さん 趣味の蝶採取記録を出版

自著を手に笑顔で話す長岡さん

 幼少期から蝶(ちょう)採取を趣味としてきた苫小牧埠頭会長の長岡久人さん(68)=東京都在住=がこのほど、50年以上にわたる活動の記録を1冊にまとめた「蝶と共に山野人界を舞ったMr.ベニヒカゲ人生録~わが完全変態の軌跡」(非売品)を自費出版した。中学生の頃から日記に書きためた記録などを1冊に収録。愛好家仲間などに贈呈したところ、手紙などで反響が寄せられたといい「本当に名誉なこと」と笑顔を見せている。

 同著は蝶採取の歩みを時系列に取り上げているのが特徴。標本にした蝶の写真は「美しい色合いで自然に表現したい」とオールカラーで掲載。大学時代や就職した北海道東北開発公庫(現日本政策投資銀行)での人間模様や趣味を楽しむ様子も書き加えた。

 「蝶の愛好家のことを仲間内では"蝶屋"と呼び合うんです」と長岡さん。著書の中でも「男の甲斐性は『飲む、打つ、買う』というが、蝶屋は『採る、交換する、買う』が定め」とユニークに紹介するなど、読み応えのある内容に仕上がっている。

 300冊を作成。ほとんどを蝶屋仲間や知人に贈呈したところ、手紙や電子メールで「自分がやりたかった」「こんな趣味があったとは」などの反響が寄せられたという。

 長岡さんは「蝶屋としては今回が一区切り。次は仕事にまつわる内容の本を出す予定」といい、来年の出版に向けて目下執筆を進めている。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...