北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧埠頭会長・長岡久人さん 趣味の蝶採取記録を出版

自著を手に笑顔で話す長岡さん

 幼少期から蝶(ちょう)採取を趣味としてきた苫小牧埠頭会長の長岡久人さん(68)=東京都在住=がこのほど、50年以上にわたる活動の記録を1冊にまとめた「蝶と共に山野人界を舞ったMr.ベニヒカゲ人生録~わが完全変態の軌跡」(非売品)を自費出版した。中学生の頃から日記に書きためた記録などを1冊に収録。愛好家仲間などに贈呈したところ、手紙などで反響が寄せられたといい「本当に名誉なこと」と笑顔を見せている。

 同著は蝶採取の歩みを時系列に取り上げているのが特徴。標本にした蝶の写真は「美しい色合いで自然に表現したい」とオールカラーで掲載。大学時代や就職した北海道東北開発公庫(現日本政策投資銀行)での人間模様や趣味を楽しむ様子も書き加えた。

 「蝶の愛好家のことを仲間内では"蝶屋"と呼び合うんです」と長岡さん。著書の中でも「男の甲斐性は『飲む、打つ、買う』というが、蝶屋は『採る、交換する、買う』が定め」とユニークに紹介するなど、読み応えのある内容に仕上がっている。

 300冊を作成。ほとんどを蝶屋仲間や知人に贈呈したところ、手紙や電子メールで「自分がやりたかった」「こんな趣味があったとは」などの反響が寄せられたという。

 長岡さんは「蝶屋としては今回が一区切り。次は仕事にまつわる内容の本を出す予定」といい、来年の出版に向けて目下執筆を進めている。

関連記事

室蘭民報

噴火湾文化研究所が江戸後期の能衣装公開【伊達】

 伊達市噴火湾文化研究所(館山町)で収蔵されている江戸時代後期に作られた仙台藩亘理伊達家の能の衣装「濃茶地丸紋散(こいちゃじまるもんち)らし繍箔能装束(ぬいはくのうしょうぞく)」が25日、報道...

室蘭民報

室蘭遺族会が会員減少と高齢化で活動休止へ【室蘭】

 室蘭出身戦没者の遺族でつくる室蘭遺族会(徳中嗣史会長)が、会員の減少と役員の高齢化のため活動を休止する。同会が室蘭八幡宮境内に建立した招魂社も築60年以上がたち老朽化しており、近く解体する予...

室蘭民報

幕西の柏木さん宅に愛情注いだツツジと藤の花【室蘭】

 室蘭市幕西町の柏木むつ子さん宅の庭では、春の陽気に誘われて、鮮やかな3色のツツジと藤の花が咲き誇り、さわやかな香りを届けている。  母親が花を好きだったこともあり、幼い頃から触れ合い育った...

函館新聞

親世代に出張無料相談 ららぽーとブライダル【函館】

 日本ブライダル連盟加盟の結婚相談所「ららぽーとブライダル」(函館市新川町、米木司代表)は、独身者の親に対してアドバイスをする出張無料相談を始める。未婚の子を心配する親世代からの相談機会が...

函館新聞

尾道市の空き家再生に取り組む豊田さん招く 箱バルが1日【函館】

 西部地区の古い建物の利活用を進めている合同会社箱バル不動産(蒲生寛之代表)は6月1日午後6時半から、「地域をつなぐ小商いミーティングin函館西部地区」を入舟町の倉庫で開く。広島県尾道市で旧...