北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧埠頭会長・長岡久人さん 趣味の蝶採取記録を出版

自著を手に笑顔で話す長岡さん

 幼少期から蝶(ちょう)採取を趣味としてきた苫小牧埠頭会長の長岡久人さん(68)=東京都在住=がこのほど、50年以上にわたる活動の記録を1冊にまとめた「蝶と共に山野人界を舞ったMr.ベニヒカゲ人生録~わが完全変態の軌跡」(非売品)を自費出版した。中学生の頃から日記に書きためた記録などを1冊に収録。愛好家仲間などに贈呈したところ、手紙などで反響が寄せられたといい「本当に名誉なこと」と笑顔を見せている。

 同著は蝶採取の歩みを時系列に取り上げているのが特徴。標本にした蝶の写真は「美しい色合いで自然に表現したい」とオールカラーで掲載。大学時代や就職した北海道東北開発公庫(現日本政策投資銀行)での人間模様や趣味を楽しむ様子も書き加えた。

 「蝶の愛好家のことを仲間内では"蝶屋"と呼び合うんです」と長岡さん。著書の中でも「男の甲斐性は『飲む、打つ、買う』というが、蝶屋は『採る、交換する、買う』が定め」とユニークに紹介するなど、読み応えのある内容に仕上がっている。

 300冊を作成。ほとんどを蝶屋仲間や知人に贈呈したところ、手紙や電子メールで「自分がやりたかった」「こんな趣味があったとは」などの反響が寄せられたという。

 長岡さんは「蝶屋としては今回が一区切り。次は仕事にまつわる内容の本を出す予定」といい、来年の出版に向けて目下執筆を進めている。

関連記事

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった...

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ(左)、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...