北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧埠頭会長・長岡久人さん 趣味の蝶採取記録を出版

自著を手に笑顔で話す長岡さん

 幼少期から蝶(ちょう)採取を趣味としてきた苫小牧埠頭会長の長岡久人さん(68)=東京都在住=がこのほど、50年以上にわたる活動の記録を1冊にまとめた「蝶と共に山野人界を舞ったMr.ベニヒカゲ人生録~わが完全変態の軌跡」(非売品)を自費出版した。中学生の頃から日記に書きためた記録などを1冊に収録。愛好家仲間などに贈呈したところ、手紙などで反響が寄せられたといい「本当に名誉なこと」と笑顔を見せている。

 同著は蝶採取の歩みを時系列に取り上げているのが特徴。標本にした蝶の写真は「美しい色合いで自然に表現したい」とオールカラーで掲載。大学時代や就職した北海道東北開発公庫(現日本政策投資銀行)での人間模様や趣味を楽しむ様子も書き加えた。

 「蝶の愛好家のことを仲間内では"蝶屋"と呼び合うんです」と長岡さん。著書の中でも「男の甲斐性は『飲む、打つ、買う』というが、蝶屋は『採る、交換する、買う』が定め」とユニークに紹介するなど、読み応えのある内容に仕上がっている。

 300冊を作成。ほとんどを蝶屋仲間や知人に贈呈したところ、手紙や電子メールで「自分がやりたかった」「こんな趣味があったとは」などの反響が寄せられたという。

 長岡さんは「蝶屋としては今回が一区切り。次は仕事にまつわる内容の本を出す予定」といい、来年の出版に向けて目下執筆を進めている。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩【浦河】

 浦河赤十字看護専門学校(武岡哲良学校長)=浦河町東町ちのみ1=の第29回戴帽式が19日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女27人が看護の道への第一歩を踏み出...

日高報知新聞

イオン静内店営業再開【新ひだか】

【新ひだか】9月6日の胆振東部地震で店舗の損壊被害に遭い、臨時休業していた静内末広町2のイオン静内店(横山秀雄店長)が20日、45日ぶりに営業を再開した。再開を心待ちにしていた来店客で終日にぎわった。 ...

苫小牧民報

実と花が同時に 駅北広場の梨の木に珍現象-白老

 白老町のJR白老駅北側にある駅北広場内の梨の木が、実を付けると同時に小さな白い花を咲かせている。不思議な現象に地域住民も驚きの表情で眺めており、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構果...

室蘭民報

輪西八条アトリエのものづくりイベント好評【室蘭】

 ボルト人形ボルタを生み出したNPO法人テツプロ(塩澤尚志理事長)は21日、室蘭市輪西町の輪西八条アトリエでものづくりをテーマにしたイベントを開いた。訪れた親子連れが椅子や銅板バッジなどの手作り...

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...