北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

カール・レイモンソーセージでおもてなし 函館マラソン「ランチパック」提供へ調理実験【函館】

調理実験でボイルしたソーセージを切り分ける北川室長

 7月1日に函館市内で開かれる「2018函館マラソン」のレース後に、ランナーに振る舞う「函館マラソンランチパック(仮称)」のソーセージ調理実験が13日、函館短大付設調理製菓専門学校であった。おにぎり1個とソーセージ2本の豪華なセットで、函館らしい食の魅力で参加者をもてなす。

 飲食提供「おもてなしフェスタ」で、昨年の大会ではイカ飯、ジャガバター、大人のジャンボおにぎり、大福、持ち帰り用白米「ふっくりんこ」の中から各自1品を選択。ただ、おにぎりについて、参加者から「もうひと工夫ほしい」という声が上がったため、今年は新作としてランチパックの提供を考案した。

 大きなおにぎりに併せて、函館カール・レイモンの協賛を得てソーセージを出す。実験では、同校の北川睦雄日本料理研究室長が約75度の熱湯で2分間、ソーセージをゆで、実行委メンバーらが試食した。「おにぎりとよく合う」と高評価をもらった。おにぎりの具は道産焼きサケと、ガゴメコンブを使った「がごめと山わさびの醤油(しょうゆ)漬」の2種類を用意する。

 選択メニューのほかに、函館牛乳とガゴメ汁(みそ汁)を全員に配る。

 一方、マラソンのエントリーは4月13日の締め切りまで1カ月となり、出足が鈍かった函館市内からの申し込みが雪解けとともに回復。実行委は早めのエントリーを呼び掛けている。

 市教委フルマラソン担当は「ソーセージを通じ函館のおいしい食に、より触れてもらえたらうれしい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...