北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

壮瞥との懸け橋に…小田さんが今夏フィンランドに留学【壮瞥】

フィンランドへの留学を控え「壮瞥との懸け橋になりたい」と笑顔で語る小田すみれさん

 壮瞥町壮瞥中学校を13日に卒業した小田すみれさん(15)が今夏、壮瞥町の姉妹都市、フィンランド・ケミヤルビ市内の高校に留学する。壮瞥町主催の同国派遣事業に参加して憧れを抱いた。「いつか大好きな壮瞥とフィンランドの懸け橋になりたい」と希望に胸を膨らませながら一歩を踏み出した。

 幼いころから海外に興味があった。小学生の時、フィンランドに留学した女性通訳士が出版した本を熟読。2016年(平成28年)、中学2年生の時、派遣事業に参加。8泊9日の日程でケミヤルビ市内でのホームステイなどを体験した。

 「初めて見る景色、出会う人、食事、全てが新鮮で、感動した」。選択授業の幅が広い、同国の教育方針にも強く引かれた。「ここで絶対に学びたい」。派遣中にケミヤルビ市の教育長に留学したい気持ちを伝えるほど。教育長は小田さんに「ウエルカムだよ」との言葉を寄せ、力になってくれたという。

 帰国後は、ホストファミリーたちと連絡を取り情報を集めた。彼女の熱い思いにたくさんのケミヤルビや壮瞥の関係者が、夢実現へ後押ししてくれた。英語の授業にもより力が入った。夏からは再びホストファミリー宅にお世話になる予定という。

 日本をたつ予定は7月初め。それまでの残り時間はフィンランド語、英語をみっちりと勉強する。「壮瞥にいたからこそフィンランドという国を知り、行きたいと思うことができた」とにっこり。現地と連絡を取り合う中、日本の文化や生活に興味を持っている人が多いことも知り「茶道や書道、折り紙など私にできる日本文化を伝えたいです」と笑顔で語った。

 フィンランド国中学生派遣事業は1995年(平成7年)にスタート。同町教委によると、町内の中学校を卒業し、留学するのは初めてという。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...