北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

羽帯駅で乗降証明書 16日さよならイベントで配布【清水】

 春のダイヤ改正で廃止されるJR羽帯駅で16日、営業最終日の列車を見送る「さよならイベント」が開かれる。隣のJR十勝清水駅からは無料送迎バスが運行し、利用者に羽帯駅乗降証明書を配るほか、駅では鉄道雑貨の「ぽっぽや」(旭川市)が鉄道ファン向けのお別れ記念品も販売する。

最終日の羽帯駅で手に入る記念グッズ。右からストラップ、マグネット、乗降証明書など

 町観光協会(只野敏彦会長)の主催。バスは午後4時に十勝清水駅を出発。同4時48分新得行きと、同4時55分帯広行きの上下列車を羽帯駅のホームから見送る。帰りは同5時半に羽帯駅を出て、十勝清水駅に戻る。バスは定員約50人で、同協会がこの日限定の「羽帯駅乗降証明書」を発行する。

 ぽっぽやは、駅に「さよなら羽帯駅」の記念スタンプを設置し、駅名標マグネット付きポストカード(800円)と駅名板ストラップ(600円)を販売する。駅待合室では、四季折々の羽帯駅の姿を収めた写真が展示され、町在住の目次加奈さんは移動カフェ「Cafe Bus komorebi(カフェバス木漏れ日)」を出店。町の特産品も並び、購入者には羽帯駅のオリジナルポストカードを贈呈する。

 羽帯駅は1958年に開設。待合室とホームのみの簡素な無人駅で、停車は普通列車1日8本。かつては通学の高校生などでにぎわった。2016年度の「第15回このミステリーがすごい!」大賞に選ばれた綾見洋介さんの小説「小さいそれがいるところ 根室本線・狩勝の事件録」の舞台になったことでも知られる。

 羽帯駅は駐車場がなく、無料送迎バスかJRで訪れると良い。町観光協会は「60年の歴史があり、地域の人にも愛された駅。最後の見送りに来てほしい」と来場を呼び掛けている。問い合わせは同協会(0156・62・5042)へ。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...