北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

羽帯駅で乗降証明書 16日さよならイベントで配布【清水】

 春のダイヤ改正で廃止されるJR羽帯駅で16日、営業最終日の列車を見送る「さよならイベント」が開かれる。隣のJR十勝清水駅からは無料送迎バスが運行し、利用者に羽帯駅乗降証明書を配るほか、駅では鉄道雑貨の「ぽっぽや」(旭川市)が鉄道ファン向けのお別れ記念品も販売する。

最終日の羽帯駅で手に入る記念グッズ。右からストラップ、マグネット、乗降証明書など

 町観光協会(只野敏彦会長)の主催。バスは午後4時に十勝清水駅を出発。同4時48分新得行きと、同4時55分帯広行きの上下列車を羽帯駅のホームから見送る。帰りは同5時半に羽帯駅を出て、十勝清水駅に戻る。バスは定員約50人で、同協会がこの日限定の「羽帯駅乗降証明書」を発行する。

 ぽっぽやは、駅に「さよなら羽帯駅」の記念スタンプを設置し、駅名標マグネット付きポストカード(800円)と駅名板ストラップ(600円)を販売する。駅待合室では、四季折々の羽帯駅の姿を収めた写真が展示され、町在住の目次加奈さんは移動カフェ「Cafe Bus komorebi(カフェバス木漏れ日)」を出店。町の特産品も並び、購入者には羽帯駅のオリジナルポストカードを贈呈する。

 羽帯駅は1958年に開設。待合室とホームのみの簡素な無人駅で、停車は普通列車1日8本。かつては通学の高校生などでにぎわった。2016年度の「第15回このミステリーがすごい!」大賞に選ばれた綾見洋介さんの小説「小さいそれがいるところ 根室本線・狩勝の事件録」の舞台になったことでも知られる。

 羽帯駅は駐車場がなく、無料送迎バスかJRで訪れると良い。町観光協会は「60年の歴史があり、地域の人にも愛された駅。最後の見送りに来てほしい」と来場を呼び掛けている。問い合わせは同協会(0156・62・5042)へ。

関連記事

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...

釧路新聞

キリン「コハネ」妊娠/釧路市動物園

 釧路市動物園(古賀公也園長)は18日、飼育中のアミメキリンの「コハネ」が妊娠したと発表した。2013年に来園した「スカイ」との第1子で、来年の夏ごろ出産予定。生まれた子供の釧路での一般公開はせ...

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。  アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国...

日高報知新聞

落下の危険性などを調査

 道内全域を対象にした9月の屋外広告物クリーン強調月間に合わせ、日高振興局と一般社団法人北海道屋外広告業団体連合会による官民連携屋外広告物安全対策パトロールが14日、飲食店が集まる浦河町堺町地区で行...