北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ソフトクリームで観光振興

【新冠】町観光振興推進協議会主催の「新冠町馬産地観光シンポジウム」が10日、レ・コード館で開かれ、約50人が参加してソフトクリームによる観光振興などについて学んだ。

 シンポジウムは2部構成で、1部は日本アイスマニア協会認定プロソフトクリーマーの森川勇一郎さんが「ソフトクリームで町おこし、先進事例から学ぶ馬産地新冠の可能性!!」の演題で講演。2部はTAISHI代表の菅野剛さんが「UMA女子のためのバックヤードツアー!から見えてきた可能性」についての基調報告し、「馬産地で暮らす女子目線から新冠町の未来を探る」をテーマに牧場関係者らによるパネルディスカッションが行われた。

 このうち、全国で1千本以上のソフトクリームを食べ歩き、テレビ番組にも多数出演している森川さんは、どこの観光地にもソフトクリームがある理由について①家では食べられない②目の前でできたてが食べられる③その場で気軽に食べられる④ご当地要素が満載(ここでしか食べられない特別感)⑤観光で疲れた体が冷たいものを欲する―を挙げ、「ご当地ソフトが話題になれば、人を呼べる」とした。

 続いて、ソフトクリームの地域振興事例として、根室、釧路管内のソフトクリーム販売店舗を釧路総合振興局と根室振興局がまとめた「根釧ソフトクリームマップ」や、香川県でうどんに見えるソフトクリームとしょう油を組み合わせた「かまたまソフト」、独特の形や原材料にこだわった熊本県の「芸術ソフト」など、ソフトクリームを求めて人が集まる成功例を紹介。

 ご当地ソフトの成功へのキーワードとして「ビジュアル」、「希少性」、「観光要素」などを挙げ、新冠町オリジナルソフトクリームとして、馬からの連想でニンジン味に幸運を呼ぶ蹄鉄をモチーフにしたものをトッピングした「幸運を呼ぶキャロットソフトクリーム」などを提案した。

 道の駅・サラブレッドロード新冠で販売している町特産のピーマンを使った「ピーマンソフトクリーム」については、「ピーマンは食べられないが、ピーマンソフトはおいしく食べられる。ピーマンのソフトクリームはほかでは見たことがないし、緑色のビジュアルも印象的なので町の魅力的なコンテンツになる。馬産地という要素も加わるとさらに良いのでは」と話した。

ソフトクリームによる観光振興について講演する森川さん

関連記事

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...

釧路新聞

キリン「コハネ」妊娠/釧路市動物園

 釧路市動物園(古賀公也園長)は18日、飼育中のアミメキリンの「コハネ」が妊娠したと発表した。2013年に来園した「スカイ」との第1子で、来年の夏ごろ出産予定。生まれた子供の釧路での一般公開はせ...

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。  アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国...

日高報知新聞

落下の危険性などを調査

 道内全域を対象にした9月の屋外広告物クリーン強調月間に合わせ、日高振興局と一般社団法人北海道屋外広告業団体連合会による官民連携屋外広告物安全対策パトロールが14日、飲食店が集まる浦河町堺町地区で行...