北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ソフトクリームで観光振興

【新冠】町観光振興推進協議会主催の「新冠町馬産地観光シンポジウム」が10日、レ・コード館で開かれ、約50人が参加してソフトクリームによる観光振興などについて学んだ。

 シンポジウムは2部構成で、1部は日本アイスマニア協会認定プロソフトクリーマーの森川勇一郎さんが「ソフトクリームで町おこし、先進事例から学ぶ馬産地新冠の可能性!!」の演題で講演。2部はTAISHI代表の菅野剛さんが「UMA女子のためのバックヤードツアー!から見えてきた可能性」についての基調報告し、「馬産地で暮らす女子目線から新冠町の未来を探る」をテーマに牧場関係者らによるパネルディスカッションが行われた。

 このうち、全国で1千本以上のソフトクリームを食べ歩き、テレビ番組にも多数出演している森川さんは、どこの観光地にもソフトクリームがある理由について①家では食べられない②目の前でできたてが食べられる③その場で気軽に食べられる④ご当地要素が満載(ここでしか食べられない特別感)⑤観光で疲れた体が冷たいものを欲する―を挙げ、「ご当地ソフトが話題になれば、人を呼べる」とした。

 続いて、ソフトクリームの地域振興事例として、根室、釧路管内のソフトクリーム販売店舗を釧路総合振興局と根室振興局がまとめた「根釧ソフトクリームマップ」や、香川県でうどんに見えるソフトクリームとしょう油を組み合わせた「かまたまソフト」、独特の形や原材料にこだわった熊本県の「芸術ソフト」など、ソフトクリームを求めて人が集まる成功例を紹介。

 ご当地ソフトの成功へのキーワードとして「ビジュアル」、「希少性」、「観光要素」などを挙げ、新冠町オリジナルソフトクリームとして、馬からの連想でニンジン味に幸運を呼ぶ蹄鉄をモチーフにしたものをトッピングした「幸運を呼ぶキャロットソフトクリーム」などを提案した。

 道の駅・サラブレッドロード新冠で販売している町特産のピーマンを使った「ピーマンソフトクリーム」については、「ピーマンは食べられないが、ピーマンソフトはおいしく食べられる。ピーマンのソフトクリームはほかでは見たことがないし、緑色のビジュアルも印象的なので町の魅力的なコンテンツになる。馬産地という要素も加わるとさらに良いのでは」と話した。

ソフトクリームによる観光振興について講演する森川さん

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...