北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

猿留山道の紀行文

【えりも】町郷土資料館主催の「第4回ほろいずみ・かふぇ」が8日、20人が参加して同資料館で開かれた。今回は第2回に続く「猿留山道の紀行文を読もう!」の~猿留山道にまつわる人物から~の逸話について、交互に朗読しながら語り合った。 

 江戸時代の測量家の伊能忠敬が、寛政12年(1800)に全国測量の最初に20人を引き連れて東蝦夷地の猿留・様似山道を測量(歩測)している。

 伊能は様似から海岸を歩き、幌泉(えりも町本町)には暗くなってから到着。わらじがことごとく破れて裸足だったので、その際、御用提灯を持って出迎えられたときは、俗に言う「地獄に念仏」であったと記録している。

 幌泉、猿留(目黒)では、星の位置から緯度・経度を計測。伊能忠敬の日本地図には襟裳岬が描かれているが、伊能は猿留山道を通ったため、襟裳岬は通過しておらず、伊能の地図には「不測量」と書かれている。

 襟裳岬が描かれたのは、後の文化6年(1809)にサハリン(樺太)を測量して、サハリンが島であることを確認し、隣接する海峡が「間宮海峡」と命名された間宮林蔵が測量したデータを活用したと考えられている。

 保呂泉(幌泉)場所大概図では、えりも町史の記録や同資料館が平成15年に発刊した「ふるさと再発見シリーズ3」から、会所には支配人・帳役・通詞・番人など12人、出稼ぎ人13人が滞在し、磯舟45艘、馬23頭などがあったことなど、当時の幌泉の概要を垣間見て、参加者らは往時に思いを馳せていた。

資料館では、今年の「北海道150年」応援事業と、猿留山道と様似山道が2月13日に「国の史跡」に指定されたことを記念し、6月23、24日に、「2018猿留山道を歩く会」と兼ね、「第27回全道フットパスの集い」の開催を計画している。

猿留山道の紀行文を読みながら語り合う参加者

関連記事

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...

釧路新聞

キリン「コハネ」妊娠/釧路市動物園

 釧路市動物園(古賀公也園長)は18日、飼育中のアミメキリンの「コハネ」が妊娠したと発表した。2013年に来園した「スカイ」との第1子で、来年の夏ごろ出産予定。生まれた子供の釧路での一般公開はせ...

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。  アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国...

日高報知新聞

落下の危険性などを調査

 道内全域を対象にした9月の屋外広告物クリーン強調月間に合わせ、日高振興局と一般社団法人北海道屋外広告業団体連合会による官民連携屋外広告物安全対策パトロールが14日、飲食店が集まる浦河町堺町地区で行...