北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

猿留山道の紀行文

【えりも】町郷土資料館主催の「第4回ほろいずみ・かふぇ」が8日、20人が参加して同資料館で開かれた。今回は第2回に続く「猿留山道の紀行文を読もう!」の~猿留山道にまつわる人物から~の逸話について、交互に朗読しながら語り合った。 

 江戸時代の測量家の伊能忠敬が、寛政12年(1800)に全国測量の最初に20人を引き連れて東蝦夷地の猿留・様似山道を測量(歩測)している。

 伊能は様似から海岸を歩き、幌泉(えりも町本町)には暗くなってから到着。わらじがことごとく破れて裸足だったので、その際、御用提灯を持って出迎えられたときは、俗に言う「地獄に念仏」であったと記録している。

 幌泉、猿留(目黒)では、星の位置から緯度・経度を計測。伊能忠敬の日本地図には襟裳岬が描かれているが、伊能は猿留山道を通ったため、襟裳岬は通過しておらず、伊能の地図には「不測量」と書かれている。

 襟裳岬が描かれたのは、後の文化6年(1809)にサハリン(樺太)を測量して、サハリンが島であることを確認し、隣接する海峡が「間宮海峡」と命名された間宮林蔵が測量したデータを活用したと考えられている。

 保呂泉(幌泉)場所大概図では、えりも町史の記録や同資料館が平成15年に発刊した「ふるさと再発見シリーズ3」から、会所には支配人・帳役・通詞・番人など12人、出稼ぎ人13人が滞在し、磯舟45艘、馬23頭などがあったことなど、当時の幌泉の概要を垣間見て、参加者らは往時に思いを馳せていた。

資料館では、今年の「北海道150年」応援事業と、猿留山道と様似山道が2月13日に「国の史跡」に指定されたことを記念し、6月23、24日に、「2018猿留山道を歩く会」と兼ね、「第27回全道フットパスの集い」の開催を計画している。

猿留山道の紀行文を読みながら語り合う参加者

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...